English

庁内情報共有GIS SonicWeb-i/SonicWeb-EXT

  • 行政機関向け

SW-iEXTシステム概要

庁内情報共有GIS導入の目的は「庁内情報共有の加速」「業務の効率化・高度化」「住民サービスの向上」「重複投資の回避」を実現することにあります。

SonicWeb-i/-EXTは、地図データ上に「可視化」される主題情報を自由自在に操り、施設管理、政策立案をサポートします。

また、SonicWeb-i/-EXTはAPPLIC(総務省)「地域情報プラットフォーム」APIに準拠したシステムです。オンプレミスでのサービス提供をはじめ、LGWANを活用したLGWAN-ASPでのサービス提供など、自治体様のご要望に応じて、様々な運用形態に対応することが可能です。

SonicWeb-i/-EXTの概要

SonicWeb-i/EXTの概要イメージ

SonicWeb-i/-EXTは、統合型GISの黎明期より多くの自治体様に採用いただいているSonicWeb-AXの後継システムです。従来の機能を継承しつつ、さらに多くの利便性の高い機能を実装しています。

SonicWeb-i/-EXTの機能

項目機能概要
検索プルダウン検索、条件検索、一括検索、範囲抽出
印刷PDF印刷、HTML印刷、レイアウト印刷、大判印刷
作図図形登録・編集・削除、図形分割・結合、図形コピー、図形の回転・拡大縮小、バッファリング
計測面積計測、距離計測、既存図形計測、座標計測
出力/入力属性表インポート、空間データインポート(Shape,DXF,GML,SXF,座標付csv等)、空間データエクスポート(Shape,DXF,GML等)、完成平面図インポート/エクスポート、画像ファイル出力、アドレスマッチング

SonicWeb-i/EXTの機能イメージ

システムの発展性

現地調査ツール

現地調査ツールの利用イメージ

タブレット端末を用いた現地調査ツールと相互にデータ連携することが可能です。

端末を現地へ持参し、現地での調査結果や写真を登録することで、直接 SonicWeb-i/-EXTへ取り込むことが可能となります。これにより、重複入力をなくし、蓄積作業の省力化を図ることが出来るため、効率的な情報更新が可能となります。

窓口閲覧システム

窓口閲覧システムの利用イメージ

窓口での図面交付を効率化するため、「窓口閲覧システム」との連携が可能です。

大きなボタンによるわかりやすい画面構成で、初めて操作される方でも直感的に操作することが可能です。

窓口業務の負担軽減のほか、課金装置と連携させることで徴収も 可能です。

行政業務総合支援システム Genavis(ジェナビス)シリーズ一覧