English

UAV(ドローン)測量

  • 行政機関向け
  • 法人企業向け

UAV(ドローン)測量

当社は、UAV(ドローン)※を用いた測量にも積極的に取り組んでいます。

航空機に比べて低空を飛行できるUAVは、地形を高精度に計測することができる有効な手段です。また人が立ち入れないところにもアプローチできるため、例えば土砂崩れの現場や橋梁の下部といった目視困難な箇所の調査でも活躍します。

当社は航空測量の技術・ノウハウを応用し、安全を確保しながらUAVを用いた測量に取り組んでいます。

※UAV(Unmanned Aerial Vehicle):無人航空機

サービスの特徴

  • UAVにデジタルカメラなどのセンサーを取り付け、上空数10~数100メートルから地面の測量を行います。測量した結果は3次元モデルに緻密に再現できます。
  • UAVはGPSを搭載しており、自位置を認識しながら飛行してデータを取得します。事前にプログラミングしておけば、規定のコースを自動的に飛行させることができます。
  • 数多くの測量業務やインフラ点検に携わってきた実績を活かし、計測対象や現場の特徴に応じて、使用するUAVや搭載するセンサーの機種を選定します。
  • 航空法や電波法等、UAVに関連する最新の法令を遵守することに加え、業界で定めているガイドラインに従い、安全を確保しながらUAVを運航します。また、飛行させる際には事前に航空局に通知するなど、安全確保のための弊社独自のルールも定めています。