English

MIRAIT ONE GROUP

トップコミットメント

空間情報で未来に引き継ぐ世界をつくるために

1990年代、世界の経済はグローバル化し、かつ急成長したことで、多くの人の暮らしが向上し、寿命も延びました。一方で、地球温暖化や海洋汚染などの環境問題および人権侵害の問題なども同時にグローバル化し、複雑に絡み合って解決が困難な状態となり、環境と社会的状況が悪化しています。すでに、世界中で異常気象による自然災害が増加し、感染症はSARS、MERS、新型コロナウイルスと、新たなウイルスが次々と発生、急拡大し、多くの人命が奪われています。この状況下で最も被害を受けているのは貧困層であり、貧富の差も拡大しています。今、地球と社会の危機は加速度的に進んでおり、私たちは激動の時代を迎えています。

経済発展による負の遺産を後世に残すことなく、地球と社会を健全な状態で未来へ引き継ぐことは、現代に生きる私たち全員の責任です。そして当社は、難しい社会課題を解決するための技術サービスを提供し、自治体や企業などの様々なステークホルダーがサステナビリティ経営を実現するための支援をしていくことを使命と定め、「空間情報で未来に引き継ぐ世界をつくる」というミッションを掲げました。

社会課題に敏感になり、最先端の技術、豊富な経験、高い志を持つ技術者と、それを支えるバックオフィスというすべてのリソースを結集して、未曽有の難題にチャレンジしていく覚悟です。そして、気候変動などへの様々なソリューションを提供することに加え、事業プロセスから生じる温室効果ガス(GHG)などの環境負荷をゼロとすることも目標とし、すべての多彩な社員に働きやすい職場環境と多様な能力を開花できる機会を提供することで、ミッションを成し遂げていく考えです。

当社は、サステナビリティ経営という言葉が一般化する以前から、これに取り組んでいます。国連グローバル・コンパクトには2013年に署名しました。そして、私はアントニオ・グテーレス国連事務総長から、2018年に国連グローバル・コンパクトのボードメンバーに任命されました。さらに、2050年までにGHG排出量ゼロとする目標を設定し、それは科学的根拠に基づく削減目標であるとして2021年にSBTiから認定されており、この目標に沿って着実に実行しているところです。

しかし、カーボンニュートラルや人権などのグローバルな課題は、個社として取り組むことは重要ですが、一社だけの改善では解決できません。空間情報で未来に引き継ぐ世界をつくるために、国連グローバル・コンパクト ボードメンバーでもある私と、社会の一員である国際航業は、サステナビリティ実現に向けて、民間セクターが社会的責任を果たすために、当社だけではなく、サプライチェーンの企業や競合企業にもサステナビリティ経営に取り組むように働きかけてまいります。

引き続き、温かいご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2023年3月
代表取締役会長 兼 執行役員CEO
国連グローバル・コンパクト ボードメンバー
呉 文 繍
当社会長、呉 文 繍の直筆サイン