English

水中構造物劣化診断~“水中部を測る”

  • 行政機関向け
  • 法人企業向け

水中構造物劣化診断~“水中部を測る”

これまで潜水士による目視観察が主であった水中部の構造物劣化診断調査に、高分解能かつ高速の撮影性能を備えた音響ビデオカメラを適用し、作業の効率化・安全性を高める装置の開発※を行っています。

※土木研究所寒地土木研究所・東京大学生産技術研究所との共同研究開発(特許申請中)

サービスの特徴

  • これまで濁りなどの海域条件・個人の技能差に精度が左右される潜水士のスケッチをもとに、構造物の変状を観察していましたが、劣化診断装置では岸壁側面全体画像として客観的な変状図が提供可能となります。
  • 音響ビデオカメラによる撮影では水中の濁りに関係なく構造物の変状を捉えることができます。
  • 潜水作業と比較し、効率よく・安全な作業が可能です。
  • 変状記録をストックし経年変化を把握することで、適切な構造物維持管理が可能となります。