トップページ海外市場

海外市場

海外進出・事業展開

台湾の建設コンサルタント大手のサイノテック・エンジニアリング・コンサルタンツ社との協業をはじめ、東南アジア各国の地域に根差した企業との協業を進め、気候変動、高齢化、労働人口の減少など各国が直面する様々な課題にソリューションを提案しています。


海外協力会社
パートナー 事業内容 ニュースリリース
①台湾
Sinotech Engineering Consultants社
台湾のリーディングエンジニアリング企業であり、中核分野は土木、水理工学、交通、 持続可能な環境、エネルギー、自然災害リスク管理など多岐にわたる。高い技術力と事業開発力を活かした革新的なビジネスを積極的に展開。 2016年12月8日
②台湾
ThinkTron Limited社
※当社とサイノテック・エンジニアリング・コンサルタンツ社との合弁会社
「Smart×Green」を基本方針とし、強みである土木分野技術と、GIS/ICT/Big Data/IoT/AI等の情報技術を融合した技術サービスを展開。 2018年5月21日
2018年6月28日
③シンガポール
PrimusTech社
※日本アジアグループのグループ会社
政府機関や民間施設管理向けマスターシステムインテグレーター。主力製品である「統合型スマートビルマネジメントプラットフォーム」はICTやIT技術を駆使し、設備管理事業を展開。国際空港、鉄道駅、下水処理施設、病院、半導体工場、大型商業施設等にて導入実績あり。 2018年7月30日
④ベトナム
FECON CORPORATION社
地盤技術、地下鉄建設技術からスタートし、現在では道路建設、地下鉄建設、再生可能エネルギー施設建設、不動産開発、高速道路運営管理など幅広いインフラ分野でビジネスを展開。 2018年5月31日
⑤フィリピン
Certeza Infosys Corporation社
航空測量のフィリピン国内最大手企業。地理空間情報を活用して事業を拡大し、現在では測量機器、地理空間データやソフトウェアの販売事業も展開。 2019年11月5日

国際協力

1960年代よりODA(政府開発援助)を通した海外支援という形で、独自の技術とノウハウを駆使して国際協力活動に貢献してきました。いまや毎年30カ国以上で多くの海外開発コンサルティングなどの事業を手掛けています。業務分野も地理情報、村落給水、環境管理、廃棄物管理、防災、文化財保存、地球温暖化対策など年々多様化しています。

海外開発コンサルティング実績紹介ページへ