トップページ事業紹介気候変動対策地下水ライン調査・3次元調査

事業紹介

気候変動対策

地下水ライン調査・3次元調査

地下水ライン調査・3次元調査

地下水ライン調査は、スクリーンを鋼管に内臓した採水管を直接地面に打ち込み、採水することで、観測井戸を設置する手間とコストが省け、任意の深度の地下水採水を可能にします。
さらに連続採水装置を用いることで、観測井戸の地下水を深度別で採水分析することが可能となり、帯水層内の地下水濃度分布を把握することにより、どこの深度に濃度の高い土壌汚染が残存するのかを把握することが可能となります。

サービスの特徴
  • 複数地点の地下水汚染の濃度分布を把握することで、深部で拡散している複雑な汚染形態を把握することが可能です。
  • 地下水ライン調査を行うことで、複数地点の地下水濃度を同時に取得することができ、効率的に地下水汚染の分布状況を把握することが可能です。
  • 既に工場敷地内に観測井戸が存在する場合、連続採水装置を活用し、深度別の地下水濃度を確認することで、観測井戸周辺の土壌汚染残存状況を推測することが可能です。

詳細情報はこちら

地下水ライン調査・3次元調査 http://biz.kkc.co.jp/kankyo/research/level/

ビズ・ケーケーシー

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会