English

気候変動に関する財務情報開示支援(TCFD)

  • 法人企業向け

TCFD

企業は、将来の気候変動によりどのような影響を受けるかに関して、財務影響を分析し開示することが求められております。
2023年3月期決算企業からは、従来、コーポレートガバナンス・コードで要請されていたプライム市場上場会社に加えて、2023年3月期決算から上場会社は有価証券報告書にて開示が求められるようになります。

一方で、開示要請は資本市場や金融機関が企業のリスクを評価することが一義的な目的であります。これに対して、国際航業は、企業経営の視点で、開示ありきではなく、気候変動の影響を企業経営にどのように活かしていくのかという経営改革を支援していくことに特長があります。さらには、本社担当部門のみで開示資料を作成作業をするのではなく、ワークショップ等を中心に現場基点で“未来を考える”ことに特長があります。

KKC オリジナルTCFD開示&経営改革メソドロジー

国際航業は、経営層の意識共有と現場基点の両方を大切にし、TCFD開示を経営改革の機会と捉えて支援します。
1st 経営層の意識共有:キックオフとして経営層全員にTCFDの目的は経営改革であることを説明し、意識を共有します。
2nd ワークショップ第1フェーズ:全国の各拠点・工場ごとにワークショップを開催し、機会とリスクを議論し世界観を描きます。
3rd ワークショップ第2フェーズ:マテリアリティを特定して、“自社の考えるシナリオ”から対応策を検討します。
4th インパクト評価:自社の考えるシナリオからインパクト評価を行い、対応策を中長期的計画に反映させます。
5th TCFD/経営戦略開示:市場や金融機関にリスクのみを示すのではなく、自社の中長期的な経営戦略を開示します。

KKC オリジナルTCFD開示&経営改革のメソドロジー

KKCのTCFD関連ノウハウ&ネットワーク

KKCのTCFD関連ノウハウ&ネットワーク

関連商品