English

水害リスク評価・コンサルティング

  • 法人企業向け

マンション・オフィスビル・工場などの水害リスクを評価し、対策に必要な止水板などの高さをご提案します。

水害リスク評価のご提案

BCP(事業継続計画)や気候変動への備えとして、水害対策に関心が集まっています。
止水板の設置などハード対策を施したいとお考えの場合に、詳細リスク評価を実施し、どの程度の高さが必要なのか具体的な検討をご支援いたします。

こんなお困りごとに対応

  • 水害ハザードマップは◯~◯mしか表示されていない
  • 詳しい情報が公開されていても、作られ方や意味がわからず資料の解釈が難しい
  • 第三者の目線でのレポートを活用することで、社内の意思決定がスムーズに

具体的な対策は、詳細なリスク評価を踏まえて

空間情報を用いて建物ごとの浸水対策を検討

細かい分析を通して、BCP策定・施設の防災対策・設計時のデータ整理などのシーンでご利用いただけるソリューションをご提供

現地調査を実施し最終検討

空間情報を用いた事前検討完了後、ヒアリングや現地調査に基づく現状把握を行い、水害リスクの調査や、調査に基づいた対策の提案を実施します

ご活用頂いているお客様

数多くのスーパーゼネコン、大手デベロッパー、大手メーカーのお客様に、物件単位でご利用頂いております。
新築のみならず、既存物件の調査や、リニューアルを契機に水害対策を実施する場合にもご利用頂いています。

USE CASE

使用する情報

  • 国土交通省オープンデータ
  • 都道府県・市町村オープンデータ
  • 水害のリスク評価に用いることができる地図等
  • その他、業務の特性・所在地に応じて情報収集、オリジナルデータの作成、シミュレーションの実施などをご提案します

関連商品