トップページ事業紹介防災・環境保全バイオレメディエーション

事業紹介

防災・環境保全

バイオレメディエーション

バイオレメディエーション

バイオレメディエーション(Bioremediation)とは、主に揮発性有機化合物(VOC)や油類による土壌・地下水汚染に対し、微生物の持つ有害物質の生分解性を活用し有害物質を分解する浄化対策技術です。
バイオレメディエーションは、土着の微生物を活性化させるバイオスティミュレーションと、培養した微生物を供給するバイオオーグメンテーションに分けられます。

サービスの特徴
  • 独自開発した栄養剤をもちいた嫌気性微生物によるバイオティミュレーションから、東京海洋大学と共同で開発した微生物製剤をもちいた好気性微生物によるバイオオーグメンテーションまで幅広くメニューをそろえております。
  • 操業中の工場でも省スペースで浄化対策が可能であり、環境負荷を最低限に抑えられます。
  • ガソリンから潤滑油に至るまで幅広い油汚染の浄化にも適しています。
  • 複数の栄養剤試験や独自の添加量配合に基づく比較で最適な栄養剤と量を選定できます。
  • ダブルパッカーを用いた超多点注入から循環注入まで多彩な注入方法を用い、マイクロナノバブルや電気発熱法等の補助技術も活用することで、独自の浄化施工が可能です。

詳細情報はこちら

バイオレメディエーション http://biz.kkc.co.jp/kankyo/cleanup_tec/bioremediation/

ビズ・ケーケーシー

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

グリーンコミュニティ ニュースレター

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会