トップページ事業紹介気候変動対策リスクコミュニケーション

事業紹介

気候変動対策

リスクコミュニケーション

リスクコミュニケーション

土壌汚染は見た目で判断できるものではなく、必要な情報が開示されてなければ、汚染の状況や健康リスクの程度を評価することはできません。一方で、土地は私有財産としての価値を有しているため、土壌汚染が生じてることによる土地の資産価値が減少すること等の懸念から、情報開示がされず、後の土地取引の機会や周辺住民の方々との信頼関係が損なわれるケースも少なくありません。

当社ではリスクコミュニケーション・コンサルティングを通じて、売買当事者や周辺住民の方々等への適切な情報共有、並びに合意形成をサポートし、円滑な土壌汚染対策を推進することで、事業者様の土地の有効活用や持続的な事業活動を支援します。

サービスの特徴
  • ステークホルダー間の意向を考慮の上、目的に応じたリスクの洗い出しや整理を行います。
  • 改善コスト等のリスク定量化、リスクマネジメント支援等により、ステークホルダー間の合意形成と円滑な土地活用をサポートします。
  • 必要な情報の整理、情報公開に伴う方針や方法の検討から、住民説明会等の資料作成や開催支援までトータルにサポートします。
  • メディアへの開示方法や内容の検討、リリース文面や想定問答の作成支援など、企業の積極的な情報公開をサポートします。

ビズ・ケーケーシー

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会