トップページ事業紹介まちづくり路面性状調査

事業紹介

まちづくり

路面性状調査

走行車両による空間データの取得 MMS(Mobile Measurement System)

MMS(Mobile Measurement System)は、車両に以下の機器を搭載した最新鋭の移動体計測システムです。
① GPS(全地球測位システム)
② IMU(慣性姿勢計測装置)
③ DMI(距離計測器)
④ デジタルカメラ
⑤ レーザースキャナ
⑥ 全方位カメラ

走行しながら街並みをまるごとスキャンし、多様な空間情報を一括取得することができます。取得するデータの種類は、以下のとおりです。
 ・位置(軌跡)データ
 ・ステレオ画像データ
 ・三次元レーザーデータ
 ・全方位画像データ(360°視点のシームレス画像)

サービスの特徴
  • 走行しながら高精度な三次元データが取得できます。トンネルなどで一時的にGPSが途切れた場合でも、IMUによって位置を補正します
  • 法定速度で走行しながら計測するため、交通規制の必要がなく、渋滞も引き起こしません。
  • ステレオ画像データと三次元レーザーデータによって、地形や施設のデジタル化や測定ができます。公共測量(準則第17条)申請が可能であり、道路台帳附図や基盤地図が作成できます。
  • 全方位画像データによって、道路や沿道状況が確認できます。
  • 三次元レーザーを用いたトンネル計測や三次元道路データの取得が可能です。さらに航空レーザーデータと組み合わせることで、三次元都市モデルも作成できます。

ページの上部へ

走行車両による路面データ等の取得

我が国の社会資本は、造る(建設)時代から、質を上げながら使う(維持・管理)時代へと移っています。私達の生活に不可欠な道路、その道路が生み出す公共空間も含め、サービス水準を向上させながら維持管理に必要なライフサイクルコストを最小化することが求められています。

国際航業は、道路のアセットマネジメントに必要な情報を効率的かつ効果的に取得する移動体計測車両(Roadman:ロードマン)を所有しています。取得した路面や沿道の画像、レーザーデータから、ニーズに応じたアセットマネジメント情報を提供します。

サービスの特徴
  • 取得した画像から、路面の状態を評価します(ひびわれ率より評価)。評価結果を元に、予防保全対策の計画や維持修繕予算の計画をたてることができます。
  • 取得した画像から、道路の付属施設の確認や評価ができます。案内標識の内容確認や、ガードレール等の劣化状態、違法広告物の確認等に役立ちます。
  • 取得した画像や、評価した結果は、グーグルマップと連動したビューアで手軽にパソコンで見ることができます。
  • 道路情報基盤データ構築の効率化 を図ることができます。
  • 道路景観評価など、後世への社会資本の質向上 を支援します。
  • 道路の健全度評価による安心・安全社会の構築 を実現します。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会