トップページ事業紹介防災・環境保全森林REDD+に関わる調査・コンサルティング

事業紹介

防災・環境保全

森林REDD+に関わる調査・コンサルティング

REDD(Reducing Emissions from Deforestation and forest Degradation in developing countries:途上国の森林減少・劣化に由来する排出の削減)という概念から発展したREDD+(レッド・プラス)は、森林炭素ストック(Carbon stock)の保全、持続可能な森林経営、森林炭素ストックの強化などの森林管理・保全を含めて積極的に排出削減を実現するという考え方です。

REDD+活動を進めるためには、統計情報等が十分整備されていない途上国の森林炭素蓄積量をモニタリングする必要があります。

国際航業は、長年培ってきた海外事業のノウハウと、リモートセンシングによる画像解析技術を活用することで、インベントリの整備やMRV(測定・報告・検証)システムの構築に取り組み、REDD+の推進に貢献しています。

サービスの特徴
  • 地上サンプリング調査、衛星リモートセンシングデータ、航空機レーザスキャナやレーダ計測データなどの解析を行い、森林面積や炭素蓄積量の動態など高精度な情報を提供します。
  • 多くの途上国でREDD+関連事業に携わっており、現地機関への研修など技術移転活動も積極的に推進しています。
  • 弊社は、ODAを中心とした海外事業を長年にわたり実施しており、豊富な経験と、蓄積した情報により、REDD+を進める上での様々な問題に対して、グローバルな視点で最適なソリューションを提案します。



2013年1月17日に「転換期を迎える環境ビジネス 概説REDD+」アスキーメディアワークスより発行しました。
概要はこちら をご覧ください。

イベント
2013年12月11日に環境・エネルギーフォーラム『REDD+と民間セクターの可能性』と題してフォーラムを開催し盛況のうちに終了しました。


事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

グリーンコミュニティ ニュースレター

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会