トップページ事業紹介防災・環境保全洪水・内水氾濫シミュレーション

事業紹介

防災・環境保全

洪水・内水氾濫シミュレーション

地球温暖化の影響によって、ゲリラ豪雨のような短時間の集中豪雨が頻発しています。河川沿いの土地では、水位が堤防を越えたり堤防が決壊したりすることによる浸水のリスクが高まっています。また、排水路や下水道が降った雨を流しきれなくなって雨水があふれ出す内水氾濫の危険性も、都市部を中心に高まっています。
河川の流下能力や土地の標高を正しくデータベース化し降水量を仮定することによって、浸水の範囲と深さをシミュレーションすることができます。その結果は、地域の住民や自治体、企業の浸水対策・避難対策に役立てられます。

サービスの特徴
  • 航空レーザ測量によって作成した詳細地形モデルを活用し、堤防や盛土の状況を加味した正確なシミュレーションを行います。
  • 地域の土地利用や植生・土壌・地質を考慮できる「分布型流出計算モデル」を用い、高精度で再現性の高いシミュレーションを実施します。
  • シミュレーション結果をもとに、氾濫のCGや浸水想定図、洪水ハザードマップを作成し、災害のイメージをわかりやすく伝えることで被害軽減につなげます。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

グリーンコミュニティ ニュースレター

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会