トップページ事業紹介要素技術環境を診る

要素技術

環境を診る

閉鎖性水域の水環境解析

河川や湖沼・ダムなどの閉鎖性水域では、水質保全を図るために、これまで下水道整備や工場・事業場の排水規制等の点源対策を推進してきましたが、農地・市街地・山林などの面源(非特定汚濁源)の対策強化が求められています。
流域の特性に応じた最適な水質保全対策を立案するには、最新のデータをもとに流域の発生汚濁負荷を把握し、かつ流域の水循環や負荷循環を解析するとともに、各種対策の実施に伴う閉鎖性水域での水質変化を的確に予測・評価することが重要です。
国際航業は、流域情報のデータベースと、水循環モデル・負荷循環モデル及び閉鎖性水域水質予測モデルを有機的に結合させ、水質保全対策の計画・実施を支援します。

サービスの特徴
  • リモートセンシングデータから土地利用を把握することにより、精度の高い解析を可能にします。
  • 流域の特性に応じた原単位調査を実施し、流域固有の原単位を把握することで精度の高い面源負荷の推定が可能です。
  • 全国各地の実績がある数値モデルで、動植物プランクトンの動態を含めた、実態にあった閉鎖性水域の水質予測を行います。
  • 予測結果をわかりやすくビジュアルで表現します。

ページの上部へ

海洋レーダによる海上浮遊ゴミの分布・移動予測システム

閉鎖性内湾では河川などから流れ込む草木や家庭ゴミ、流出油などによる海面汚染、また流木などの大型浮遊ゴミによる船舶の航行障害などが問題となっています。これらを防除するため、国土交通省港湾局では浮遊ゴミや流出油を回収する海洋環境整備船による海洋環境整備事業を行っています。

国際航業では、海洋レーダを利用した海象情報表示・配信システムだけでなく、海洋レーダが観測した海洋表層の流れから潮目位置や浮遊ゴミ追跡計算を行い、現在および将来のゴミ分布を推定し、海洋環境整備船運行の効率化につながるシステムを数多く構築しています。
これら技術は、近年大きな問題となっている大陸からの漂流・漂着ゴミ問題に対しても、ゴミ流出経路探索や漂着時間・場所の予測等への活用が期待されています。

サービスの特徴
  • インターネットを用いたクライアントサーバ型システムにより複数ユーザーからの同時利用が可能です。
  • 海上ゴミが集積する潮目位置予測や発見ゴミの移動位置予測ができます。
  • 気象、水文データの自動取得や河川からのゴミ流出予報ができます。
  • 海上ゴミ回収実績(日時、場所、量、種類)のデータベース化と統計解析ができます。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

グリーンコミュニティ ニュースレター

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会