トップページ事業紹介G空間 x ICT行政業務総合支援システム Genavisシリーズ固定資産業務支援システム SonicWeb-FP

事業紹介

固定資産業務支援システム SonicWeb-FP

Genavisシリーズ

SonicWeb-FPの概要

固定資産情報システムSonicWeb-FPは、課税客体把握及び土地評価業務における固定資産に関する各種地図データを有効に管理、活用するためのGISです。情報を体系的に管理・運用することで、固定資産業務における「適性な課税」と「評価事務の効率化」をサポートします。

SonicWeb-FPの概要

SonicWeb-FPの機能概要

SonicWeb-FPは、固定資産税担当職員の皆様が共有情報を参照するだけではなく、必要に応じ、編集や更新までを円滑に実施可能な高機能を有しながら、Microsoft Office製品と同様の慣れ親しんだ操作方法を実現しています。


分合筆修正機能

筆図形を選択し、分合筆修正を行う機能で、航空写真や、スキャニングした地積測量図等を背景にし、筆形状を修正することが可能。座標値による修正も可能であり、補助機能として、OCR(光学文字認識)機能による効率的な分合筆修正することも可能。また、地番文字と地番引出線は、分合筆時に自動で作成。

分合筆修正機能

主題図機能

地物が有する属性値に対して、色塗り表示や文字列として表示する事が可能。


作図機能

ライン、ポリゴン(多角形)、文字、アイコンの作図が可能。


画地条件計測機能

筆図形を選択または、任意の画地形状を作成して、画地条件データを計測することが可能。地積測量図ラスタデータを背景として、画地条件計測も可能。同時に想定整形地及び最小の想定整形地も取得。計測結果を基に課税標準額の試算を実現。

画地条件計測機能

台帳検索・閲覧機能

土地・家屋の登記済通知書等スキャニングした書類を、土地マスタや家屋マスタから検索し、閲覧・印刷することが可能。地図情報からの検索も可能。


名寄機能

土地・家屋の所有者名・コードから地図情報を一括検索する機能。


家屋図修正機能

豊富な作図機能により家屋図形の編集が可能。家屋平面図の画像データを用いたラスタデータのベクトル変換機能により半自動で家屋図形を修正することも可能。

家屋図修正機能

計測機能

面積、距離を任意の範囲で自由に計測可能。


地図表示切替・詳細設定機能

各種地図の表示を自由に切り替えることが可能。また、画地図の表示項目毎に表示設定が可能。


多画面連動表示機能

2時期の航空写真等、メイン画面を2~4画面に分割し複数の地図を表示する機能。複数表示した画面を連動させて同時にスクロールすることが可能。


地図印刷機能

表示している画面を印刷するだけでなく、定型フォームでの印刷、さらには範囲指定による連続印刷も可能。また、プレビュー画面で印刷範囲を簡単に調整可能。

地図印刷機能

システムの発展性

統合DBをコアとしたシステム間のリアルタイム連携

Genavisシリーズは、個別業務支援GISアプリケーション間の相互連携および庁内情報共有GISとの連携が可能であるため、ライトユーザからヘビーユーザまで必要な機能を要望に応じて柔軟に提供します。
弊社GISアプリケーションは、統合DBにデータを集約にすることにより、システム間でのリアルタイムなデータ連携が可能です。統合DBを活用したデータ連携により、“データ重複の回避によるコスト削減”、“行政業務の効率化”を推進し、新たな施策立案のための基盤を構築します。


タブレット端末を用いた現地情報入力ツール

タブレット端末を用いた現地情報入力ツールと相互にデータ連携することが可能です。端末を現地へ持参し、維持管理情報を入力することで、直接SonicWeb-FPへ取り込むことが可能となります。
これにより、重複入力をなくし、蓄積作業の省力化を図ることが出来るため、効率的な情報更新が可能となります。


お問い合わせ

インターネットからのお問い合わせは こちら

お電話でのお問い合わせ: 03-4476-8068