トップページニュースリリース:国際航業が一般社団法人LBMA Japanへ加盟 ~Wi-Fi人流データ活用強化へ~

ニュースリリース

国際航業が一般社団法人LBMA Japanへ加盟 ~Wi-Fi人流データ活用強化へ~


2021年6月10日


国際航業は2021年6月、一般社団法人LBMA Japan(代表理事:川島 邦之、以下「LBMA Japan」)に加盟いたしました。
LBMAは世界中に26のChapter(支部)と1,600社以上の会員を持ち、位置情報を活用したマーケティングやサービスを促進する事業者団体です。当社は、この日本支部であるLBMA Japanに加盟することにより、グローバルロケーションサービスの最新情報を取得し、独自に提供するサービスに活かすほか、今後は他の加盟企業と連携し、お客様への課題解決力を強化してまいります。

当社は1947年の創業以来、空間情報技術を活用した幅広いサービスを自治体や民間事業者に利用いただいています。近年では、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進をサポートするサービスの一環として、人の動きを捉える人流解析データや位置情報サービスの提供、利活用支援も行っています。
また、マクロ的な観点では人口減少や消費者行動の多様化など社会変化を捉えるデータ活用サービス、ミクロ的な観点では、業務改善に繋がる屋内の動線把握や経営効率向上に向けた売上予測など、位置情報データを活用した特異なサービスを展開しています。今回の加盟では、当社のこのようなサービスやソリューションを一層進化させることを目的としています。

<国際航業の人流解析データ・位置情報サービスについて>
●当社の位置情報データである「Wi-Fi人口統計データ」は、フリーWi-Fiへの接続情報を元にデータ収集から開発を行った統計データであり、Wi-Fiの特性を活かすことにより他ではデータ提供が難しいエリア(例えば、地下や多重階層の建物など)における人流計測の補完が可能
●この人流データにオープンデータとして提供される経済データなどを組み合わせ解析することで、新型コロナウイルス感染拡大による人々の生活の変化や地域経済にもたらす影響についても、把握することが可能。新しい時代のまちづくりやお客様の事業戦略立案、事業創造のために、これらのデータの活用を積極的に推進中
※ Wi-Fi人口統計データ(商圏分析・顧客分析・回遊調査・人流計測・観光/防災) http://dynamic.kkc.co.jp/

<一般社団法人LBMA Japan 川島代表理事からのコメント>
「一般社団法人LBMA Japanは、今回の国際航業様の加入に伴い35社の事業者団体となりました。民間事業のみならず、公共事業へも広くサービス展開をされている国際航業様が加盟することで、より広くの人々・業界へ事例展開がなされていくこと、また、当団体内各事業者とのコラボレーションによる、新たな『位置情報イノベーション』の創出を期待しております。」
▶一般社団法人LBMA Japan:https://www.lbmajapan.com/

当社は、今後もマクロ的な観点からミクロ的な観点まで、各種データを連携・活用して、お客様の様々な課題の解決をサポートしてまいります。


<本件に関するお問い合わせ先>
国際航業株式会社 企画本部 広報部
E-mail: info-kkc@kk-grp.jp TEL: 042-307-7200