トップページニュースリリース:営農支援サービス「天晴れ」が、ヤマハ発動機の「YSAP」とサービス連携開始

ニュースリリース

営農支援サービス「天晴れ」が、ヤマハ発動機の「YSAP」とサービス連携開始


                                                                     2020年8月7日

国際航業は、ヤマハ発動機株式会社(代表取締役社長:日髙 祥博、以下「ヤマハ発動機」)と日本の農業活性化を目指し、サービス連携を開始しました。この連携するサービスでは、「天晴れ(あっぱれ)」(人工衛星やドローンで撮影した画像を解析して、農作物の生育状況を診断したレポートを提供)で得られたデータを、ヤマハ発動機が展開するスマート農業支援プラットフォーム「Yamaha Motor Smart Agriculture Platform(以下、「YSAP」)」上で取得することが可能になります。これにより、産業用マルチローター「YMR-08」や無人ヘリコプターを利用した肥料や農薬の散布が、より効率的かつ効果的に行うことができるようになります。

※参照(事業構想紹介):2019年3月8日付リリース 営農支援サービス「天晴れ」が先進的な散布システムを実現~ヤマハ発動機と協業~


■サービス連携内容
1.「天晴れ」に「YSAP」上で作成した圃場データをもとにした農作物の生育診断依頼が可能
2.「天晴れ」の診断レポートデータを「YSAP」上で閲覧可能
3.「YSAP」上で防除または施肥散布計画を行うことが可能



                                サービス連携イメージ図



■サービス概要



営農支援サービス「天晴れ」概要 https://agriculture.kkc.jp/

<本サービスに関するお問い合わせ先>
 国際航業株式会社  経営企画部 広報グループ
 Mail:info-kkc@kk-grp.jp