トップページニュースリリース:BCP/BCM支援ツールが新名称「Bois(ボイス)/防災情報提供サービス」となり、一部機能(無償版)のホームページ公開を開始しました

ニュースリリース

BCP/BCM支援ツールが新名称「Bois(ボイス)/防災情報提供サービス」となり、一部機能(無償版)のホームページ公開を開始しました


                                                                     2020年8月5日


この度、国際航業が提供するBCP/BCM支援ツール「防災情報提供サービス」の名称を新たに「Bois(ボイス)/防災情報提供サービス」と変更しました。

【新名称】「Bois(ボイス)/防災情報提供サービス」



当社は、災害発生時に緊急撮影した航空写真をホームページの「災害調査活動への取り組み」で公開しております。8月5日より「Bois/防災情報提供サービス」の一部機能(無償版)を利用して、航空写真の公開を開始しました。
▶Bois無償版サイトhttps://bois-free.bousai.genavis.jp


「Bois/防災情報提供サービス」について
「Bois/防災情報提供サービス」は、防災に関連する複数の情報をワンストップで面的に同時把握できるクラウドサービスです。 全国の自然災害に関するリスク情報や災害発生後の被害調査情報など、今まで個別に存在していた情報を地図上に整理・集約し、BCP/BCMの支援ツールとしてインターネット経由で分かりやすく提供しています。

【サービスの利点】
1.発災時に自動で情報集約。手作業は不要。
  地震、津波、洪水、土砂災害など防災に関する情報収集と各拠点の状況把握・発災時のアラートメール機能が一つに集約。
2.迅速な対応を可能にする見やすさ
  防災情報も拠点情報もすべて地図上に表示。ビジュアルな情報表示で直感的な状況把握を支援。
3.必要十分な情報と機能を低価格で提供
4.ご利用料金「初期費用不要」
  「Bois/防災情報サービス」なら月々5万円から。

▶サービス紹介サイトはこちら https://biz.kkc.co.jp/software/dp/bousai/

「Bois/防災情報サービス」画面例


※BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合、事業資産の損害を最小減に留めつつ中核となる事業の継続または早期復旧を可能とする、事業継続のための方針や手続きなどの計画のこと。BCM(事業継続管理)は、BCPを維持・管理するための仕組み。

<お問い合わせ先>
国際航業株式会社 経営企画部 広報グループ
Mail:info-kkc@kk-grp.jp
TEL:042-307-7200