トップページニュースリリース:複数の無人航空機による災害時の被害状況把握等を想定した実証実験を実施

ニュースリリース

複数の無人航空機による災害時の被害状況把握等を想定した実証実験を実施


2021年3月31日



国際航業株式会社は、2021年3月6日、7日、KDDI株式会社(代表取締役社長:高橋 誠)、株式会社ウェザーニューズ(代表取締役社長:草開 千仁)らとともに、三重県志摩市の国府白浜海岸において、南海トラフ地震への対応を想定したシナリオで複数の無人航空機(以下「ドローン」)をUTM(運航管理システム)に接続した実証実験を行い、目的とするデータ収集やドローン完全自動航行の実現に向けた運航管理システムの機能検証に成功しました。


    
         管制システムに接続されたドローン                        管制に表示されたUTMの画面



東日本大震災の発生から10年を迎え、災害・防災分野における新たなテクノロジー活用の期待が高まっています。特にドローンは「空飛ぶカメラ」として、迅速な情報収集と意思決定の支援が可能なため、全国の消防本部や自治体への配備も年々進んでいます。

今後、災害発生直後の現場上空には、ヘリコプターをはじめとする複数の有人機が飛び交う状況となることが想定されます。そのためドローンを安全かつ効率的に利活用するには、有人機とドローン、ドローンとドローンのコンフリクト回避を含めた技術面・制度面での飛行環境整備が必要不可欠となります。

今回の実証実験では、有人航空機やドローンを活用した豊富な災害調査活動の実績を有する国際航業が、南海トラフ地震および津波による災害後の調査活動を想定したシナリオを策定し、それに基づく飛行計画を「KDDIスマートドローン」※1の管制システムに接続したうえで、実機によるドローンの運航および計測作業を実施しました。そして、取得したデータの画像解析には、自社の3次元空間解析クラウドサービス「KKC-3D」を活用し、3次元モデルを構築しました。

さらに、災害時において救助機関等のヘリコプターが同一空域に飛来することを想定し、ウェザーニューズが提供する有人航空機小型動態監視システム「FOSTER-CoPilot」のヘリコプター仮想位置情報を、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)からドローン運航管理(UTM)シミュレータによる仮想ドローンおよび仮想ヘリの運航情報をKDDIの管制システムと共有して、より複雑な実証実験を実施しました。

今後は、本実証実験によるドローン運航管理システムの技術的な課題や運用面の課題を洗い出し、その改善や検証を通じて、災害時におけるドローンの完全自動航行に向けた環境整備を進めてまいります。

本実証実験は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下 NEDO)から「KDDI株式会社及び株式会社パーソルプロセス&テクノロジー」が受託した「無人航空機の運航管理システムおよび衝突回避技術の開発/地域特性・拡張性を考慮した運航管理システムの実証事業」※2の一環で実施しました。

実証概要
【実施時期】2021年3月6日(土)、7日(日)
【実証場所】三重県志摩市阿児町 国府白浜海岸

実証実験における国際航業の役割
【役割】①災害調査シナリオの策定 ②UTM接続下でのドローンの運航 ③災害調査を想定した空撮、④3次元画像解析
【実証】自社で策定した災害調査のシナリオを元にDJI社製のMATRICE300を飛行させ、災害調査を想定した飛行を実施した。着陸後、取得画像は関係者間で速やかに共有し、自社のクラウド解析システム「KKC-3D」を活用した画像解析を行った。

〈本実証実験の協力〉
三重県、三重県志摩市、KDDI株式会社、株式会社ウェザーニューズ、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアム、株式会社エアロ・フォト・センター、テラドローン株式会社、株式会社プロドローン、その他事業者

※1 KDDI株式会社が開発したKDDI携帯通信ネットワークに対応した、遠隔制御による安全な長距離飛行が可能なドローンサービス:http://smartdronekddi.com/
※2【参考】NEDOリリース:https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101385.html
      KDDIリリース:https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2020/12/11/4864.html


<本件に関するお問い合わせ先>
国際航業株式会社  経営企画部 広報グループ
Mail:info-kkc@kk-grp.jp
TEL: 042-307-7200