トップページニュースリリース:国際航業が参画した国土交通省『Project “PLATEAU” 』のティザーサイトがオープン

ニュースリリース

国際航業が参画した国土交通省『Project “PLATEAU”』 のティザーサイトがオープン


2020年12月22日


国際航業が参画する国土交通省の『Project“PLATEAU(プラトー)”』におけるプロジェクト成果の情報配信を目的としたティザーサイトが本日公開されました。

『Project“PLATEAU”』は、実世界(フィジカル空間)の都市を仮想世界(サイバー空間)に3D化して再現し、「まちづくりのDX (デジタル化技術による変革)」を目指す国土交通省都市局のプロジェクトです。国際航業は、専門技術を持つ事業者としてプロジェクトに参画し、本日先行公開された東京23 区全域の3D 都市モデル構築を担当しました。このティザーサイトでは、今後も他の都市の3Dモデルを含めた様々なプロジェクトの成果情報が発信される予定であり、「Map the New World.」、まさに新しい地図データ世界への挑戦が進化とともに進められて行きます。
国際航業は引き続き、他都市でのモデル構築含め、プロジェクトへの参画を通じて「まちづくりのDX」を支援するともに、3D都市モデルデータ活用の普及・推進に努めてまいります。

※ティザーサイト:商品やサービスを販売前にユーザーに対して情報を発信するためのサイト

■Map the New World. ~『Project “PLATEAU”』のティザーサイトオープン~

国土交通省では、本日より、プロジェクトの成果を情報発信していくためのティザー版ウェブサイトを公開し、東京23区全域を網羅した3D都市モデルなどを先行公開しています。ウェブサイトでは、プロジェクトの進捗プロセスが継続的に発信(ウェブサイトやSNSを通じて3D都市モデルやそのユースケースを順次公開)されると同時に、3D都市モデルをはじめとする各種データがオープンデータ化され、誰もが活用できるようになります。

[Project “PLATEAU”] ウェブサイト:http://www.mlit.go.jp/plateau/  Twitter:@ProjectPlateau
[国土交通省プレスリリース]https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi03_hh_000068.html




■『Project“PLATEAU(プラトー)”』とは?

3D都市モデルとは、都市空間に存在する建物や街路といったオブジェクトに名称や用途、建設年といった都市活動情報を付与することで、都市空間そのものを再現する3D都市空間情報プラットフォームです。
様々な都市活動データが3D都市モデルに統合され、フィジカル空間とサイバー空間の高度な融合が実現します。これにより、都市計画立案の高度化や、都市活動のシミュレーション、分析等が可能となります。
国土交通省では、現在、Project “PLATEAU(プラトー)” として、全国約50都市の3D都市モデルの整備と、これを活用した都市計画・まちづくり、防災、都市サービス創出等の実現を目指す「まちづくりのDX」の取組を推進しています。




国土交通省提供資料


 <本リリースに関するお問い合わせ先>
  国際航業株式会社 経営企画部 広報グループ
  E-mail: info-kkc@kk-grp.jp TEL: 042-307-7200