トップページニュースリリース:インドネシア Exsol(エクソール)社と協業に関する覚書を締結

ニュースリリース

インドネシア Exsol(エクソール)社と協業に関する覚書を締結


2020年10月29日


国際航業は、インドネシアで測量機器販売、測量サービスを展開しているPT.Exsol-Innovindo(本社:インドネシア、Chairperson and CEO:Soesetya Satya Rahardja、以下「Exsol社」)とインドネシア国内で展開する事業の協業に関する覚書(MOU:Memorandum of Understanding)を締結しました。

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が推進する政策の一つに地方開発があり、「ONE MAP POLICY」(2016年大統領令発布)政策下、全国的規模で大縮尺基盤地図を整備し、地方開発が進められています。日本の約5倍、192万平方キロにもおよぶ国土をもち、約17,000もの島々からなる同国でこうした政策を実現させるためには、衛星からの高精度測位やリモートセンシング技術の利用が不可欠です。

Exsol社は同国内の測量事業を長年牽引してきており、現地政府機関(BPN(土地局)およびBIG(地理情報庁))を主要顧客とする豊富な取引実績があります。また、民間事業としては、地場の測量会社や建設会社との取引実績も豊富です。国際航業はExsol社と協業することにより、‘みちびき(日本の測位衛星システム、準天頂衛星システム)’等を使用した最新の高精度測位サービスや地理空間ソリューションの提供を通じ、同社の販売網をベースにした事業拡大を目指す計画です。

国際航業は、Exsol社との本協業による事業のほか、東南アジアにおいて既に協業している現地企業との連携をより深め、さらなる海外事業展開を加速してまいります。

■Exsol社の概要
会 社 名:  PT. EXSOL Innovindo
所 在 地:  Gandaria 8, 7th floor, Suite B & C, Gandaria City Office Tower, Jl. Sultan Iskandar Muda, Kebayoran lama, South Jakarta, Indonesia
事 業 内 容:  測量機器販売大手。地上レーザー計測など測量サービス業務等
代 表 者:  Soesetya Satya Rahardja   Chairperson and CEO
設   立:  2006年
Web サイト:  https://exsol-innovindo.com/v2/


 <本件に関するお問い合わせ先>
  国際航業株式会社 経営企画部 広報グループ
  E-mail: info-kkc@kk-grp.jp TEL: 042-307-7200