English

屋内外位置情報 利用シーン

利用シーン3 オフィス

2016/08/16

事例

従業員の動線や、部署間のコミュニケーション量などを計測することで、オフィスレイアウトの最適化による業務効率向上の検討材料として活用頂けます。 また、例えば特定の会議室でのみ資料を閲覧できる様にするなど、オフィス内の様々な課題・要望についても位置情報を切り口とした改善案の検討が可能です。

期待される効果

  • 会議室などのリソース利用の最適化
  • レイアウト最適化の検討材料

システムモデル構成

社内の人の動きやスペースの利活用情報を同一プラットフォームで利活用可能です。
複数センサに対応しているため、オフィス環境や取得したいデータに合わせたアプリを構築できます。

モデル導入フロー

屋内外位置情報ソリューション
国際航業のソフトウェア、要素技術を組み合わせてソリューションをご提案します。
物流現場での作業効率化/商業・小売施設での動線解析/医療・福祉施設でのリアルタイム位置把握/建設現場での作業効率化