English

屋内外位置情報 利用シーン

利用シーン1 工場・倉庫施設

2016/08/16

事例

工場・倉庫においては、作業工程の効率化・標準化、レイアウトの最適化にむけた検討材料として、 作業者動線の分析機能をご利用頂いております。 個別アプリケーション開発により、ウェアラブルデバイスを用いたナビ機能によるピッキング支援や、 フォークリフトと人の接触リスク削減にもご利用いただけます。

期待される効果

  • 工場・倉庫においては、作業工程の効率化・標準化、
  • レイアウトの最適化にむけた検討材料

システムモデル構成

国際航業の測位モジュールを使って人、モノ、動きの位置取得プラットフォームを構築することで、複数のセンサーを使った位置情報の活用ができます。
工場、倉庫における各シーンに対応できる複数の測位手段を使えるため、場所によって異なるセンサーを使っても、同じ形式で位置情報データを取得でき、アプリをつくりかえる必要がありません。

モデル導入フロー

屋内外位置情報ソリューション
国際航業のソフトウェア、要素技術を組み合わせてソリューションをご提案します。
物流現場での作業効率化/商業・小売施設での動線解析/医療・福祉施設でのリアルタイム位置把握/建設現場での作業効率化