トップページ事業紹介気候変動対策災害調査活動東日本大震災ライブラリー衛星画像で見る

衛星画像で見る

最終更新日 2011/7/19


人工衛星で撮影した画像からは、広範囲の被災状況を読みとることができます。また、可視光以外の光を感知できる衛星の特性を活かし、さまざまな被災状況が明らかになりました。

さまざまな衛星で被災の状況を見る

広範囲に及ぶ被災状況の全容を把握する上で、衛星は唯一の方法となります。全域の概況把握に適した衛星、詳細状況の把握に適した衛星、雲がかかっていても観測できるレーダ衛星など、さまざまな衛星の特性を活かして、超広域の被災状況を明らかにしました。

●広域衛星画像による東北地方沿岸全域の浸水範囲推定
衛星には、分解能は低いけれど高頻度で日本全体を観測しているものがあります。この広域衛星画像は米国のTerra衛星により、3月14日10時30分前後に撮影されました。水色の領域が浸水したと思われる範囲です。各エリアをクリックすると、拡大画像がご覧いただけます。

(黄枠内をクリックすると拡大写真が表示されます。)

  • 【速報】東日本大震災 広域衛星画像による東北地方沿岸全域の浸水範囲推定

●レーダ衛星画像による広域の浸水範囲推定
津波で浸水した範囲は、レーダ波が反射し戻ってこないため、画像上で暗く表現されます。画像処理でその領域を抽出することで、衛星撮影時点での浸水範囲を推定しました。このレーダ画像は3月13日5時38分に、RADARSAT衛星により撮影されたものです。海岸付近の連続した赤い領域が、浸水していると推定される範囲です。

(数字部分をクリックすると拡大写真が表示されます。)

●レーダ衛星画像による被災状況の詳細把握
震災前に整備されていた画像データと、災害後に撮影された高分解能レーダ衛星画像を比較判読することで、市街地の建物倒壊等の詳細被害を把握できます。この高分解能レーダ衛星画像は、イタリアのCOSMO-Skymed衛星により、震災発生の約1日後の3月12日18時34分に撮影されました。レーダは雲を透過するため、震災直後の雲が多い天候の中で、現地の詳細な被害状況をいち早く把握することができました。

☆レーダ衛星画像による陸前高田市の被災状況(3月12日撮影)

☆レーダ衛星画像による大船渡市の被災状況(3月12日撮影)

●高分解能衛星画像による相馬市の被災状況
超高分解能の衛星画像により、航空画像では得られない震災後の早い段階での被災状況が極めて詳細に把握できました。この画像は、災害後20時間弱の3月12日午前10時34分に、福島県相馬市上空から地上分解能約1mのIKONOS衛星によって撮影されたものです。家屋の流出や浸水状況、瓦礫の分布状況などが、詳細に判読できます。当時の潮位は、地震前の潮位表では標高約マイナス0.2mと予測されています。

☆高分解能衛星画像による相馬市の被災状況(フォールスカラー )

☆高分解能衛星画像による相馬市の被災状況(トゥルーカラー)

●高分解能衛星画像による相馬市の被災状況
超高分解能の衛星画像により、航空画像では得られない震災後の早い段階での被災状況が極めて詳細に把握できました。この画像は、災害後20時間弱の3月12日午前10時34分に、福島県相馬市上空から地上分解能約1mのIKONOS衛星によって撮影されたものです。家屋の流出や浸水状況、瓦礫の分布状況などが、詳細に判読できます。当時の潮位は、地震前の潮位表では標高約マイナス0.2mと予測されています。

  • (数字部分をクリックすると拡大写真が表示されます。)

    ① 陸前高田市 竹駒

    ② 陸前高田市 市街地

    ③ 陸前高田市 小友

    ④ 陸前高田市 広田周辺

    ⑤ 大船渡市 市街地

    ⑥ 大船渡市 大船渡港湾口防波堤

衛星で海岸林の被災状況を見る

海岸林は防風、防砂、防潮の機能を有し、防災の観点で非常に重要です。今回の震災では、津波によって広域にわたって海岸林が消失、損壊しました。海岸林を復元するためには、被災状況の把握が大切です。以下の画像は、震災前後の超高分解能衛星GeoEye-1およびIKONOSの画像から、画像処理によって海岸林とその周辺植生が消失した箇所(黄色の領域)を抽出したものです。

☆陸前高田市海岸林の震災前、震災後、減少箇所

☆相馬市海岸林の震災前、震災後、減少箇所

衛星で被災地の瓦礫の分布を見る

災害救助から復旧・復興に移る段階で、津波被害で生じた膨大な瓦礫の処理は大きな課題となります。今回の震災では、非常に広範囲に大量の瓦礫が発生しているため、その除去を計画的・効率的に行ううえで、当初の分布状況の把握と撤去状況のモニタリングが必要と思われます。この例は、超高分解能衛星GeoEye-1の画像から、画像処理により瓦礫の分布範囲(赤色の領域)を抽出したものです。これを定期的に行うことで、的確な瓦礫除去に寄与できると考えています。

☆陸前高田市木材瓦礫の分布状況

衛星で被災地の浸水域の分布を見る

福島県相馬市に津波が到達したと思われる範囲を、3月12日午前10時34分に撮影した衛星画像から読み取りました。右の図は衛星画像に津波の浸水域を表示したもの。左は地形図上に津波の浸水域を表示したものです。

(各画像をクリックすると拡大写真表示されます。)
  • 航空写真で見る
  • 衛星画像で見る
  • データで見る
  • CGの動画で見る
  • その他

ページの上部へ

著作権に関して
  • 当ページの著作権は当社に帰属します。
  • 当ページに掲載している情報(航空写真・衛星画像を除く)の著作権は当社に帰属します。
  • 当ページに掲載している航空写真・衛星画像の著作権の帰属は、本文注釈に記載のとおりです。
  • 当ページで得られた情報を無断で転載、複製、販売、出版、公開、使用しないでください。
免責事項に関して
  • 弊社は、当ページに情報を掲載するにあたり、正確な情報を提供するよう細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・妥当性については一切責任を負いません。
  • 掲載したコメント等は弊社の知得した情報等に基づく見解であり、当該コメント等に対する責任は負いかねます。
  • 当ページに掲載した情報、コメント等を利用することにより利用者に発生した一切の損害について、弊社は関知いたしません。
  • 提供される情報の内容が明らかに間違っている場合は、速やかに内容を検討して対応いたしますので、 お手数ですが上記の問合せ先までご連絡ください。

ページの上部へ


事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会