トップページ事業紹介気候変動対策災害調査活動【速報】平成22年7月 広島県庄原市 豪雨災害

事業紹介

災害調査活動への取り組み

【速報】平成22年7月 広島県庄原市 豪雨災害

平成22年7月12日から7月16日にかけて、梅雨前線の活発な活動などにより中国地方の広い範囲で大雨となり、山口県や広島県を中心に河川氾濫や 土砂災害が発生しました。
その後、7月16日午後より広島県庄原市周辺では南から暖かく湿った空気が流れ込んで大気が不安定となり、積乱雲が発生して局地的に激しい「ゲリラ豪雨」となりました。庄原市内では16日17時の1時間降水量が64ミリに達する記録的な豪雨となり、川北町周辺で河川の氾濫や土石流、斜面崩壊等が多発し、人的被害を伴う災害に見舞われました。

これらの災害発生を受け、平成22年7月18日に国際航業株式会社・株式会社パスコの2社共同で、航空写真を撮影しましたので掲載いたします。

今回の災害で亡くなられた方に謹んで哀悼の意を表するとともに、弊社の所有する技術が、現地の復旧ならびに二次災害の抑制に少しでもお役に立てれば幸いです。被災地の一日も早い復旧をお祈りしております。


※現在の掲示内容は速報版です。


広島県庄原市 写真位置図
  • (各地区名付近をクリックすると大写真が表示されます。) 広島県庄原市

※※この位置図は国土地理院発行の数値地図25000を背景画像にして作成しました。

ページの上部へ


7月18日撮影 広島県庄原市 斜め写真

(画像をクリックすると全体写真と部分拡大写真が表示されます。)

  • 上川西地区1:上川西地区の大戸川沿いの土砂流出状況。上川西地区1
  • 上川西地区2:写真中央上側の庄原ダム工事現場で作業員13名が孤立しヘリで救出された。上川西地区2
  • 重行地区1:篠堂からの土砂が川沿いに堆積している。重行地区1
  • 篠堂地区1:傾斜の急な斜面から多数の崩壊が発生し、崩土が県道445号中迫川北線上に堆積し全面通行止めとなっている。篠堂地区1
  • 篠堂地区2:傾斜の急な斜面から多数の崩壊が発生し、崩土が県道445号中迫川北線上に堆積し全面通行止めとなっている。篠堂地区2
  • 篠堂地区3:傾斜の急な斜面から多数の崩壊が発生している。篠堂地区3
  • 先大戸地区1:写真右手の先大戸地区の低地には流倒木を含む土砂が大量に堆積している。写真左手大戸地区への土砂流入は少ない。先大戸地区1
  • 先大戸地区2:先大戸地区上流側の崩壊状況。先大戸地区2
  • 大津恵地区1:大規模な土石流が集落に達し堆積している。大津恵地区1
  • 大津恵地区2:植生の疎な幼齢林などで表層崩壊が生じている。大津恵地区2

※撮影:国際航業株式会社・株式会社パスコ

ページの上部へ

著作権に関して
  • 当ページの著作権は当社に帰属します。
  • 当ページに掲載している情報(航空写真・衛星画像を除く)の著作権は当社に帰属します。
  • 当ページに掲載している航空写真・衛星画像の著作権の帰属は、本文注釈に記載のとおりです。
  • 当ページで得られた情報を無断で転載、複製、販売、出版、公開、使用しないでください。
免責事項に関して
  • 弊社は、当ページに情報を掲載するにあたり、正確な情報を提供するよう細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・妥当性については一切責任を負いません。
  • 掲載したコメント等は弊社の知得した情報等に基づく見解であり、当該コメント等に対する責任は負いかねます。
  • 当ページに掲載した情報、コメント等を利用することにより利用者に発生した一切の損害について、弊社は関知いたしません。
  • 提供される情報の内容が明らかに間違っている場合は、速やかに内容を検討して対応いたしますので、 お手数ですが上記の問合せ先までご連絡ください。

ページの上部へ


事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会