トップページ事業紹介気候変動対策災害調査活動雌阿寒岳噴火 2006年3月

事業紹介

災害調査活動への取り組み

雌阿寒岳噴火 2006年3月

2006年3月21日午前6時30分頃、北海道の雌阿寒岳が噴火しました。雌阿寒岳の噴火は1998年11月9日以来、7年4か月ぶりのことです。火口から約10kmの南東山麓では微量の降灰が確認されました。山頂(ポンマチネシリ火口)の北西斜面(標高約1300m付近)には新火口が誕生し、小規模な泥流が発生しました。
弊社では3月22日に雌阿寒岳周辺の空中写真撮影を実施しました。

【4月7日 追加情報】
今回の噴火で形成された北西斜面の「新火口」は、いわゆる噴火口の形状が確認されておらず、当ウェブサイトでも当初から「噴気孔群」との記述を併用しておりますが、4月7日の気象庁火山観測情報第22号より、「火口」ではなく「噴気孔群」と呼称されるようになりました。

関連リンク

北海道大学大学院理学研究科附属地震火山研究観測センター

著作権に関して
  • 当ページの著作権は当社に帰属します。
  • 当ページに掲載している情報(航空写真・衛星画像を除く)の著作権は当社に帰属します。
  • 当ページに掲載している航空写真・衛星画像の著作権の帰属は、本文注釈に記載のとおりです。
  • 当ページで得られた情報を無断で転載、複製、販売、出版、公開、使用しないでください。
免責事項に関して
  • 弊社は、当ページに情報を掲載するにあたり、正確な情報を提供するよう細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・妥当性については一切責任を負いません。
  • 掲載したコメント等は弊社の知得した情報等に基づく見解であり、当該コメント等に対する責任は負いかねます。
  • 当ページに掲載した情報、コメント等を利用することにより利用者に発生した一切の損害について、弊社は関知いたしません。
  • 提供される情報の内容が明らかに間違っている場合は、速やかに内容を検討して対応いたしますので、 お手数ですが上記の問合せ先までご連絡ください。

ページの上部へ


事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会