トップページ事業紹介気候変動対策災害調査活動有珠山噴火 2000年3月

事業紹介

災害調査活動への取り組み

有珠山噴火 2000年3月

有珠山は有史時代になって最初の噴火を1663年に起こしてから、これまでに7回の噴火を繰り返し、今回が8回目の噴火です。過去の噴火のたびにいくつかの溶岩ドームが形成されてきましたが、噴火は山麓で発生したこともあり、中には溶岩が地表に出ないまま固まったケースもあります。

今回の噴火もこれまでの有珠山の噴火の特徴を備えており、ほぼ予想された範囲のなかで噴火口が生じています。しかし江戸時代の3回の噴火では火砕流が発生し、山麓の集落に大きな被害をもたらしています。有珠山の南麓には道央自動車道、JR室蘭本線という北海道の大動脈が通過していて噴火が長期化した場合も経済的被害が大きくなります。交通量の多い観光地の道路や高速道路のすぐ近くで噴火口が生じているこの光景は、「火山の恵みと災害」とについて考えさせる印象深いものになると思います。

今回の最初の噴火は溶岩が地下から上昇する過程で山体に亀裂が生じ、ガス抜きが起こった状態であると考えられます。今後は地下の溶岩の移動にしたがって、さらに山麓又は山頂付近の新しい場所にいくつかの噴火口が生じるものと予想されます。(3月31日 23:30記)

著作権に関して
  • 当ページの著作権は当社に帰属します。
  • 当ページに掲載している情報(航空写真・衛星画像を除く)の著作権は当社に帰属します。
  • 当ページに掲載している航空写真・衛星画像の著作権の帰属は、本文注釈に記載のとおりです。
  • 当ページで得られた情報を無断で転載、複製、販売、出版、公開、使用しないでください。
免責事項に関して
  • 弊社は、当ページに情報を掲載するにあたり、正確な情報を提供するよう細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・妥当性については一切責任を負いません。
  • 掲載したコメント等は弊社の知得した情報等に基づく見解であり、当該コメント等に対する責任は負いかねます。
  • 当ページに掲載した情報、コメント等を利用することにより利用者に発生した一切の損害について、弊社は関知いたしません。
  • 提供される情報の内容が明らかに間違っている場合は、速やかに内容を検討して対応いたしますので、 お手数ですが上記の問合せ先までご連絡ください。

ページの上部へ


事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会