トップページ事業紹介G空間 x ICT行政業務総合支援システム Genavisシリーズ

事業紹介

G空間 x ICT

行政業務総合支援システム Genavis(ジェナビス)シリーズ

「まちづくり」をサポートする空間情報“見える化”ツールで
高いレベルの住民サービスを実現します。

 Genavisシリーズとは、データベースをコアに“個別業務支援GIS” “庁内情報共有GIS” “市民コミュニケーションGIS“を統合・連携させることにより、行政業務の高度化・効率化、住民とのコミュニケーションの活性化を促進するソリューションです。
Genavisは国際航業の登録商標です(登録商標 第5558867号)
サービスの特徴
  • GenavisLinkによるリアルタイム連携を実現
    GenavisCore(ジェナビス・コア)は、各部門の個別業務支援GIS相互、更には庁内情報共有GISとのスムーズなデータ連携を可能とする統合DBです。
    GenavisCoreを中心とした各種GIS間のデータ連携を行うGenavisLinkにより、必要なデータのリアルタイム連携を実現し、情報共有を促進します。また、データ重複の回避によるコスト削減、行政業務の効率化を推進し、新たな施策立案のための基盤を構築します。
  • LGWAN対応型、オンプレミス型等に柔軟に対応
    導入環境の特性、情報セキュリティの考え方等に応じて最適な実装形態を提供します。
  • 地域情報プラットフォームに対応
    庁内情報共有GIS“SonicWeb”は、一般財団法人全国地域情報化推進協会(APPLIC)の地域情報プラットフォーム“GISユニット”準拠登録製品です。
    地域情報プラットフォームに対応する他の行政支援システムとの連携により、基幹系業務の住民基本台帳、福祉情報、防災情報等の住民サービスに直結した総合政策支援領域への拡張が可能となります。
  

ページの上部へ

IDCとLGWANを活用したセキュアな新サービス

BCP(事業継続計画)サービス
物理的に離れた位置(DC)にデータ及びシステム環境のバックアップを取得するサービスです。
災害発生時のシステム環境即時復旧等に寄与します。

レポーティングサービス
GISデータを活用した各種コンサルティングを実施し、自治体の特性を踏まえた解析を行い、報告します。政策支援、事業評価、防災計画等に適用できます。

データ・システム更新サービス
道路台帳補正、固定資産客体調査等のデータ更新やセキュリティ対応、バージョンアップ等のシステム更新をDCとLGWANが持つ機密性の高い環境で実施します。

アドレスマッチングサービス
住所を含む各種データを、弊社”住所正規化コンバータ”、あるいは住所ポイントを用いて地図上に展開します。住所表記のゆれ等にも的確に対応します。

ページの上部へ

導入ポイント


ページの上部へ

タブレット端末を活用したGISソリューション


ページの上部へ

製品ラインアップ




ページの上部へ


事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会