トップページ事業紹介まちづくり太陽光発電適地の発掘シミュレーション

事業紹介

まちづくり

太陽光発電適地の発掘シミュレーション

建物の屋上を利用した太陽光発電が急速に普及しています。太陽光発電による高い発電効率を実現するためには、日照の状況を事前に把握し、条件のよい場所から優先して発電設備の設置を進める必要があります。
太陽光発電のポテンシャルは、屋根の大きさや形状、傾斜方向、周囲の建物による日陰のでき方によって変わります。それらを正確に計測するには、空間情報技術によって生成される3次元の都市モデルが有効です。さらに、統計情報を搭載したGISを用い建物面積や世帯年収によって地域を類型化することによって、太陽光発電設備の導入が進みやすいエリアを抽出することも可能です。

サービスの特徴
  • 3D都市モデルを活用し、建物毎の日照をシミュレーションします。
  • 発電ポテンシャルの高い建物を抽出し、太陽光発電設備の効率的な設計・設置を可能にします。
  • 様々な指標(建物面積、世帯年収など)を利用し、太陽光発電導入ポテンシャルの高い地域を抽出します。
  • 太陽光発電設備のプロモーションや普及・拡大施策へ反映することが可能です。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会