トップページ事業紹介支える技術空から測る

支える技術

空から測る

航空写真計測

国際航業の創業の原点は航空写真測量からでした。以来60年余りにわたり、航空機搭載カメラにより国土の地形を空間情報として提供しています。当初はフィルム式のモノクロ写真であったものからカラー写真へと変化し、紙媒体による空間情報であったものが、近年ではデジタルカメラによる高精細航空写真による空間データの提供へと発展しています。
国際航業では、この最先端技術により高品質の空間データを地理情報標準に準拠した製品仕様書に基づき、フルデジタルの生産システムにより迅速にお客様に提供することが可能です。 

サービスの特徴
  • 最先端の航空写真測量デジタルカメラ(Z/Iイメージング社DMC※デジタルマッピングカメラ)を日本で初めて導入し、地上解像度5cm~の高精細なデジタル航空写真データを提供しています。
  • DMCには、航空写真データの3次元の中心座標とその傾きを同時計測するPOS(Position and Orientation System)を搭載し、航空写真測量に必要な幾何補正が大幅に軽減されます。また近赤外線センサーを搭載しており、森林計測などのリモートセンシング能力も有しています。
  • 公共測量作業規程および準則、地理情報標準に準拠した製品仕様書に基づき、空間データを作成します。またお客様の事情に特化した個別の製品仕様書作りの御支援もいたします。
  • 空間データの作成にあたっては、DMCの導入と共に構築したフルデジタルの生産システムにより、論理的にも可視的にも優れた品質を確保でき、また、工期の短縮を図ります。

ページの上部へ

航空レーザ計測

航空レーザ測量とは、航空機搭載型レーザスキャナーを用いた3次元の測量技術です。
レーザスキャン計測とは、航空機から地上に向けてレーザ光を放射状に照射し、地上から反射されるレーザの時間差で地形を計測する技術です。航空機には、GPS、IMU(ジャイロ)を搭載。航空機の正確な位置情報を常に把握し、距離データと解析することにより1パルスごとの地表のX、Y、Zが直接計測できます。
国際航業は、この最新の3次元計測技術により、お客様に施設管理や防災対策・環境保全などの基礎資料として活用していただいています。

サービスの特徴
  • 取得データを選別・抽出技術でフィルタリングし、目的に応じた最終データに加工します。地表面と建物や樹木などの構造物を効率的に選別する機能を利用し、地表面・構造物・植生ごとに分類する構造化作業を行っています。
  • 計測データからデジタル標高モデル(DEM)を作成して3次元CAD/GISに取り込むことにより、施設管理・防災対策・環境保全等の基盤データとして活用することができます。
  • 国土のきめ細かい3次元モデルの整備によって災害の予測精度を高め、効率的な国土保全施策に利用されています。
  • 河床変動状況の把握や積雪調査、地すべりなどの土砂移動モニタリングなど、さらに広い分野での活用が期待されています。
  • 3次元データを取得して国土のアーカイブとしてのライブラリー化を進めております。
  • 取得した3次元データを利用して高精度な3D都市モデルを作成することにより、都市計画などにおける住民説明資料などの利用も注目されています。

ページの上部へ

UAV(ドローン)測量

国際航業は、UAV(ドローン)を用いた測量にも積極的に取り組んでいます。

航空機に比べて低空を飛行できるUAVは、地形を高精度に計測することができる有効な手段です。また人が立ち入れないところにもアプローチできるため、例えば土砂崩れの現場や橋梁の下部といった目視困難な箇所の調査でも活躍します。

国際航業は航空測量の技術・ノウハウを応用し、安全を確保しながらUAVを用いた測量に取り組んでいます。

※UAV(Unmanned Aerial Vehicle):無人航空機

サービスの特徴
  • UAVにデジタルカメラなどのセンサーを取り付け、上空数10~数100メートルから地面の測量を行います。測量した結果は3次元モデルに緻密に再現できます。
  • UAVはGPSを搭載しており、自位置を認識しながら飛行してデータを取得します。事前にプログラミングしておけば、規定のコースを自動的に飛行させることができます。
  • 数多くの測量業務やインフラ点検に携わってきた実績を活かし、計測対象や現場の特徴に応じて、使用するUAVや搭載するセンサーの機種を選定します。
  • 航空法や電波法等、UAVに関連する最新の法令を遵守することに加え、業界で定めているガイドラインに従い、安全を確保しながらUAVを運航します。また、飛行させる際には事前に航空局に通知するなど、安全確保のための弊社独自のルールも定めています。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会