トップページ事業紹介支える技術河川・海岸を診る海岸・沿岸防災

支える技術

河川・海岸を診る

長寿命化計画策定支援海岸・沿岸防災

安全で、美しく、利用価値の高い海岸を提案する

海岸は、人間が暮す陸域と海域との接点であると同時に、多様な生物が生息している貴重な空間でもあります。近年、環境保全意識の高まりや海岸利用の多様化に伴い、海岸整備に関する人々のニーズには、これまでの「防護」主体から、「環境」や「利用」という観点が新たに加わっています。
国際航業は、津波や高波から、生命財産を守る整備を支援する一方、環境保全と利用を重視した海岸づくりを提案しています。

海岸・沿岸防災で最も大きなテーマは、津波への対応です。我が国は有数の地震国であり、特に遠からず来ると言われている巨大地震への備えは、急を要する課題です。
国際航業は、津波伝播シミュレーション、津波氾濫シミュレーションなど、最新のシミュレーション技術を有しています。津波氾濫シミュレーションにはレーザプロファイラで取得した詳細な地形データを用いており、高精度の分析が可能となっています。また、シミュレーション結果をもとに作成された浸水被害想定図、津波ハザードマップは、ソフト面での対策の重要な資料となります。また、具体的な津波災害のイメージを一般住民に伝えるために、津波伝播、津波遡上、氾濫のCGを作成しています。
災害への対応をすすめる一方、社会の変化を反映して、「防護」主体の海岸・沿岸行政は新しい局面を迎えています。平成11年、海岸法の一部が改正され、生物の生息・生育環境や自然景観の保全を図る「環境」と、海岸利用の増進を図る「利用」の、二つの新たな理念が加えられました。
国際航業は景観やレクリエーションなどに十分配慮した海岸づくりとして、自然石の突堤、日陰のある砂浜、サンドリサイクルによる侵食防止など、住民の意見を取り入れた新しい時代の海岸づくりを行っています。さらに、自然共生型海岸づくりとして、ウミガメなどに配慮した海岸づくりも行っています。
国際航業は、新しい海岸づくりを積極的に取り入れつつ、今後も沿岸防災のあり方を模索していきます。