トップページ事業紹介グリーン・コミュニティ ニュースレター

事業紹介

気候変動政策ブログ

気候変動問題は、地球そして人類が直面している最大の問題ですが、その巨大性、超長期性、複雑性、間接的影響性などの特徴により、なかなか実感することが難しい問題でもあります。IPCCの評価報告書によると人為的要因である可能性が非常に高いとされているため、われわれ自身が責任を持って将来のために解決策を見出さねばなりません。国連をはじめとした国際機関、各国政府・自治体などは様々な政策を打ち出し、企業や個人も努力が求められています。
本ブログにおきましては、上記内容に即し、気候変動問題に関係する環境・エネルギー問題など幅広いテーマについて、時宜を得たトピックを取り上げ、状況を簡潔に解説するレポート(各月発行予定)、および中長期的視点より問題点、課題の整理、状況解説や分析、政策提言を行うリサーチ(四半期発行予定)を配信いたします。

最新

2016年12月


気候変動対策で人工衛星が果たす役割
~低炭素化社会の実現に向けて~

技術本部 環境保全部 副主任研究員 齊藤 龍

パリ協定の発効によって世界は脱炭素・低炭素化に向けて動き出した。一方、温室効果ガスの衛星観測データは、気候変動対策分野でも応用が期待されている。各国の動向と今後の展望を探る。

(PDF: 2437 KB)

過去の記事

グリーン・コミュニティ ニュースレター

「安全安心な地域づくり」「低炭素社会づくり」の取り組みを通して培った、様々な情報・ノウハウを皆様にお届けするため、「Green Community News Letter(グリーン・コミュニティ ニュースレター)」を掲載いたします。

最新

2015年12月


大規模な事業を迅速に進めるために採用された「CM (コンストラクション・マネジメント) 方式」の可能性とは?

「CM方式」は、発注者を補助・代行する「コンストラクションマネージャー(CMR)」が、各種マネジメント業務の全部または一部を行う方式です。CMRの一員として復興業務に従事する国際航業の林雅一に話を聞きました。

(PDF: 721KB)

過去の記事
過去のニュースレター

※各カテゴリーをクリックすると過去の記事がご覧になれます。

低炭素型まちづくり
バイオマス発電
地球環境問題に対応する森林保全
小水力発電
風力発電

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

グリーンコミュニティ ニュースレター

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会