トップページ事業紹介防災・環境保全リスクレベル評価

事業紹介

防災・環境保全

リスクレベル評価

リスクレベル評価

土壌汚染や地下水汚染が発生・存在していること自体は経営リスクに直結しません。発生している汚染が顕在化し、かつ顕在化した汚染が事業計画に影響を与えるレベルである時に限り、企業にとって許容できない損害をもたらすリスクとなります。

当社では地歴調査により把握した汚染の可能性を、短期的及び中長期的に顕在化するリスクに細分化し、その対応をコスト等に定量化することで、不動産の投資を行う際のリスク評価に活用し、かつそれらを複数の所有不動産で比較することで、企業が所有する不動産の流動化戦略(CRE戦略)を立案するのに役立てます。

サービスの特徴
  • リスクを高める要因を見える化し、複数事業所を同一評価軸で比較することで、優先的な調査対策の実施が望ましい事業所を洗い出します。
  • 法令に基づく調査命令が発出されるリスクやスケジュール遅延リスク、調査対策にかかるコストを見える化し、関係者にわかり易く説明できる資料を作成します。
  • 地形地質や地下水条件を加味した汚染シミュレーションをもとに、土地利用計画を考慮した上での短期的な浄化(掘削除去)と中・長期的な浄化(原位置浄化)にかかるコストの比較を行います。

ビズ・ケーケーシー

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

グリーンコミュニティ ニュースレター

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会