トップページ事業紹介気候変動対策土壌汚染調査

事業紹介

気候変動対策

土壌汚染調査

土壌汚染調査

第二段階である土壌汚染調査では、地歴調査で判定した汚染のおそれの区分に従い土壌サンプリングを実施します。
土壌汚染調査はSTEP1概況調査で平面的な汚染範囲を把握し、STEP2詳細調査で深度方向の汚染範囲を把握することで、汚染の有無と全体像を把握します。

サービスの特徴
  • 土地売買や開発行為に伴い客観性の高い調査内容が求められる場合は、法令に基づく土壌汚染調査を実施いたします。
  • 有害物質の漏洩事故に伴い、緊急で汚染源を把握し、汚染拡散範囲を確認するための特殊な調査をご提案いたします。
  • 埋設廃棄物を確認するための調査や盛土や埋土に由来する汚染を確認するための調査、さらに浚渫土壌の自然由来を確認するための調査など、様々なご提案が可能です。
  • 油類やダイオキシン類など土壌汚染対策法で定めない特種な物質を対象にした調査もご提案いたします。

ビズ・ケーケーシー

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会