トップページ事業紹介気候変動対策地下水汚染流動解析

事業紹介

気候変動対策

地下水汚染流動解析

土壌汚染調査

地下水揚水法等の原位置浄化による土壌・地下水汚染の対策を講じる場合は、地質条件や地下水流向を加味した上で最適な方法を設計する必要があります。 例えば地下水揚水対策を行う場合、揚水量が不足していると汚染地下水の拡大防止が図れず、敷地外へ流出してしまうこととなります。また、揚水量が多くなると揚水した汚染地下水を処理する水処理施設の処理能力が大きくなり、水処理施設のイニシャルコストが大きくなることや、処理した水を下水へ放流する場合には、下水道使用料金等のランニングコストが増加することとなります。
当社は3次元モデルを用いて地下水汚染の流動状況を見える化し、対策工法の最適化を図ります。

サービスの特徴
  • 地下水汚染の流動方向や拡散状況が見える化できます。
  • 現在実施している地下水汚染の揚水対策の効果検証に適しています。
  • 最新の汚染状況に合わせた揚水計画を策定することが可能となり、ポンプや水処理施設のハード面を見直すことによりランニングコストの削減や維持管理の負担を減らすことが可能です。

ビズ・ケーケーシー

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会