トップページ事業紹介防災・環境保全ハザードマップの作成

事業紹介

防災・環境保全

ハザードマップの作成

防災マップ・ハザードマップ作成

地域住民に災害の発生する箇所を知らせることは、災害発生時の避難などに役立つほか、平常時からの防災意識の向上にも役立ちます。国際航業は、豊富な実績をベースに、「本当に使えるハザードマップ」を提供します。

サービスの特徴
  • 危険な区域を一目で確認できます。
  • 過去の被害状況を記述し、危険への意識を高めます。
  • 自宅と避難場所の位置を確認できます。
  • 日常よく使う道路を避難ルートに設定します。
  • 住民がマップを活用できるようなしくみを含めてコンサルティングいたします。

ページの上部へ

リアルタイムハザードマップシステム(土砂災害・地震・延焼)

土砂災害に対する迅速かつ円滑な警戒避難を支援するために開発したリアルタイムハザードマップシステムは、刻々と変化する土砂災害の危険度をリアルタイムで表示します。
GISの特徴を生かし動的な危険度情報と各種の防災情報をオーバーレイし、災害イメージの固定化など従来型ハザードマップの問題に対処しています。

サービスの特徴
  • 面的かつ広域の状況監視を可能にします。
  • 段階的に異なる複数の雨量基準への到達状況をモニターでき、監視の効率化を図ります。
  • 降雨指標だけでなく、地盤危険度情報を加えて総合判定を行うことにより、重点的かつ早期な対応を要する場所を特定できます。
  • GISの分析機能を活かして、安全な避難場所やそこへの最短経路を効率的に把握することができます。
  • 過去の危険度情報を再現して、防災学習や防災訓練に活用できます。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

グリーンコミュニティ ニュースレター

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会