トップページ事業紹介防災・環境保全総合防災情報システムの構築

事業紹介

防災・環境保全

総合防災情報システムの構築

防災情報システムは、統合型GIS「SonicWeb」のアドオンアプリケーションとして利用可能なサブシステムです。本システムは、
(1)地図情報システム
(2)災害情報収集伝達システム
(3)避難対策支援・安否情報システム
(4)災害広報支援システム
といった予防・応急・復旧のフェーズごとにシステムが構成され、災害時の意思決定の支援、害対策の迅速化、防災業務の支援など、災害による被害の軽減に資することを目的として開発されたシステムです。

サービスの特徴
  • 【予防フェーズ 】
    地形、地質、地盤高、災害危険度等、街の地域特性とともに、災害履歴、防災関係施設・設備、自主防災組織等をデータ化することにより、各種防災計画の策定等に活用できます。
  • 【応急フェーズ 】
    災害発生時の混乱下において、住民及び各所からの情報を体系的に収集・管理することにより、被害状況の全体像を的確に把握し、災害規模や影響範囲に応じた初動体制を確立することにより迅速かつ効率的な応急対策活動を支援します。
  • 【復旧フェーズ 】
    入力した各種情報をもとに、被害調査を実施し、正確な被害状況を把握するとともに、罹災証明、災害救助法等の防災業務支援を行うことで迅速に復旧計画の策定が可能となります。
  • 【使い易いユーザインターフェイス 】
    よく使うメニューをツールバーに登録したり、図形や属性内容が1つの画面で確認可能です。
  • 【豊富な地図データ検索機能 】
    索引図検索、図面番号検索、施設番号検索、地番検索、目標物検索(ユーザでの目標物追加、更新)、住居表示番号検索(地理院の街区参照データ、住宅地図データ等の利用が可能)に対応しています。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

グリーンコミュニティ ニュースレター

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会