トップページ事業紹介気候変動対策津波防災への取り組み

事業紹介

南海トラフ地震など、近い将来起こりうる連動型巨大地震の発生に伴う大津波に対する、ハード・ソフト両面における総合的な対策が急がれています。国際航業は、地理空間情報を駆使し、防災・減災はもとより、レジリエンス(回復力)のある社会づくりを支援し、災害から生命や財産を守ります。

お知らせ

2016年11月5日

世界津波の日に、グローバル津波評価(過去400年間)の研究成果が発表されます

津波数値解析技術などの研究を行っている東北大学災害科学国際研究所(所長:今村文彦教授)が、過去400年間のグローバル津波評価を実施し、その成果を世界津波の日に発表します。国際航業はこの取り組みに協力しています。

世界津波の日に、グローバル津波評価(過去400 年間)の研究成果を発表

(※東北大学プレスリリース)

2016年11月5日

「平成28年度 大規模津波防災総合訓練」に共同出展します

国際航業は東北大学、株式会社エンルートと共同出展でメイン会場の展示エリアにおいて、火山災害予測用リアルタイムデータベースを実現するセンシング技術について紹介し、津波防災に関する展示 とUAV(ドローン)や土砂サンプリングマシンの実機展示を行います。

平成28年度 大規模津波防災総合訓練
2016年11月4日

「津波防災・減災技術シンポジウム~海洋レーダの常時活用から津波モニタリングまで~」に協力します

国際航業の技術本部主任技師 藤 良太郎が、「海洋レーダの常時活用と津波時活用について」講演を行い、パネルディスカッションに参加します。

津波防災・減災技術シンポジウム~海洋レーダの常時活用から津波モニタリングまで~
2016年10月27日

世界津波の日記念国際シンポジウム「ジェンダー・多様性の視点からの復興をめざして」 で開会の挨拶をいたします

国際航業会長の呉文繍が、国連国際防災戦略事務局 (UNISDR) 民間セクター・アライアンス (ARISE) 理事として開会の挨拶をいたします。

世界津波の日記念国際シンポジウム

    東日本大震災ライブラリー

  • 航空写真で見る
  • 衛星画像で見る
  • データで見る
  • CGの動画で見る
  • その他

お問い合わせ先

国際航業株式会社 広報部
〒183-0057 東京都府中市晴見町2-24-1
TEL:042-307-7200 FAX:042-330-1024
E-mail:info-kkc@kk-grp.jp



著作権に関して
  • 当ページの著作権は当社に帰属します。
  • 当ページで得られた情報を無断で転載、複製、販売、出版、公開、使用しないでください。
免責事項に関して
  • 弊社は、当ページに情報を掲載するにあたり、正確な情報を提供するよう細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・妥当性については一切責任を負いません。
  • 掲載したコメント等は弊社の知得した情報等に基づく見解であり、当該コメント等に対する責任は負いかねます。
  • 当ページに掲載した情報、コメント等を利用することにより利用者に発生した一切の損害について、弊社は関知いたしません。
  • 提供される情報の内容が明らかに間違っている場合は、速やかに内容を検討して対応いたしますので、 お手数ですが上記の問合せ先までご連絡ください。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会