トップページ事業紹介防災・環境保全電気発熱法

事業紹介

防災・環境保全

電気発熱法

電気発熱法

電気発熱法は、「粘性土層のVOC汚染の浄化」という土壌汚染問題における大きな課題を解決すべく開発された手法で、日本においては㈱島津製作所により技術開発が進められています。

電気発熱法により土壌が発熱する際、土の性質として、礫層や砂層よりも粘性土層の方が温まりやすいという性質があるため、粘性土層が選択的に温まり、「粘性土の土粒子間に強く吸着したVOCの地下水への溶出や気化の促進」、「加温によるガス圧の上昇や水の粘性低下による移動性の向上」等の効果により、粘性土層のVOC汚染を効果的に浄化することが可能となります。

サービスの特徴
  • 操業中の工場建屋下のVOC土壌地下水汚染対策に最適です。
  • 粘土やシルトに吸着したしつこい汚れに効果的です。
  • 揚水やガス吸引等の既存設備を活用することが可能です。

ビズ・ケーケーシー

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

グリーンコミュニティ ニュースレター

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会