トップページ事業紹介G空間 x ICT『i-Construction対応ドローンスクール・3次元解析』ポータル:ドローン(UAV)運航/ 3次元計測スクール

事業紹介

『i-Construction対応ドローンスクール・3次元解析』ポータル

  • ドローン(UAV)運航/ 3次元計測スクール
  • 3次元空間解析クラウドサービス 「KKC-3D」

ドローン(UAV)運航・3次元計測スクール

  • ドローン(UAV) 運航/3次元計測 スクールとは
  • 操縦・管理士コース
  • 技能士コース
  • よくある質問
  • 予約

建設・土木工事の全工程で3次元データを活用する「i-Construction」では、ドローンによる3次元計測が必須となっています。しかし、ドローンを安全に運航し、さらに正確な3次元データを取得するためには、正しい運航方法と計測方法を習得して業務にあたる必要があります。

「ドローン(UAV)運航・3次元計測スクール」は、航空測量のパイオニアである国際航業がこれまでに培ってきた技術を投入し、ドローンの運航方法と3次元データの計測方法を教習する実務者向けスクールです。

お知らせ

  • 2018.05.16

    【6月 東京校・関西校・九州校】2018年6月の予約受付を開始しました。
    ※関西校の開催日は、2018年6月4日(月)~6月8日(金)【通学】となりました。
    ※東京校の開催日は、2018年6月11日(月)~6月15日(金)【通学】となりました。
    ※九州校の開催日は、2018年6月18日(月)~6月21日(木)【合宿】となりました。

  • 2018.05.15

    【6月 東京校・関西校・九州校】の予約受付日のお知らせ
    ※予約開始を5月16日(水)14時予定しております。
    ※関西校の開催日は、2018年6月4日(月)~6月8日(金)となりました。
    ※東京校の開催日は、2018年6月11日(月)~6月15日(金)となりました。
    ※九州校の開催日は、2018年6月18日(月)~6月21日(木)となりました。

  • 2018.04.10

    【5月 東京校・関西校・九州校】2018年5月の予約受付を開始しました。
    ※東京校の開催日は、2018年5月14日(月)~5月17日(木)【3日間合宿+1日間通学】となりました。
    ※関西校の開催日は、2018年5月14日(月)~5月18日(金)【通学】となりました。
    ※九州校の開催日は、2018年5月14日(月)~5月17日(木)【合宿】となりました。

  •   
  • 2018.03.15

    【4月 東京校・関西校】2018年4月の予約受付を開始しました。

  • 2018.03.01

    【第1号 DSERO認定カリキュラム実施校】DSERO認定カリキュラムを実施いたします。
    当カリキュラムでは、国際航業(株)が有する航空写真測量の専門的な技術・ノウハウを基に、さまざまな現場にてドローンで撮影した写真から三次元データを生成する技術を体系的に学習できる実践的な講義内容となっております。

スクール予約はこちら

ドローン(UAV)運航/3次元計測スクールとは

「ドローン(UAV)運航・3次元計測スクール」では、ドローンでの3次元計測をこれから導入しようとしている方や、すでに取り組んでいるがさらに高度化を図りたい方が、必要な技術・ノウハウを短期集中のカリキュラムで効率的に習得できます。

3次元計測の実務に即したテキストと、1回あたりの受講生数を限定してドローンを操縦する時間を多くとるカリキュラムによって、学習成果を円滑に業務へ活かすことができる実践的な内容となっています。

スクールには操縦・管理士コース(5日間)と技能士コース(2日間)があり、操縦・管理士コースではJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)のライセンス、およびDSERO(一般社団法人ドローン測量教育研究機構)のライセンスが取得可能です。技能士コースでは、国土地理院の定めるマニュアルに沿った作業の進め方を学習します。

※九州校では宿泊形式の4日間

操縦・技能士コース

操縦・管理士コースではドローンのしくみ、関連法令、安全管理方法、操縦方法などを、連続4日間の座学と実技、3次元計測の方法などを、単日1日の座学を通して学びます。ドローンを扱ったことのない初心者でも受講可能な基本的な内容となっています。


3つのポイント

  • Point1

    スクールでは座学講習のほか、実機を用いた実技講習も行います。知識だけでなく、ドローンを安定して飛行させる操縦テクニックも学ぶことができます。

  • Point2

    関連する法律や飛行場所の規制、飛行時に必要となる許可・承認ルールについて、最新の情報をお伝えします。

  • Point3

    安全確保のための確認ポイントや緊急時の対処方法など、リスク管理について詳しく解説します。

ドローン実務者
(未経験者可)
操縦技能
カリキュラム
座学 概論、法律・ルール、自然科学、技術、運用
実技 整備・点検、フライトシミュレーター、実技訓練(基礎・応用)
操縦カリキュラム
修了者
安全運航管理者
カリキュラム
座学 安全運航管理、リスクアセスメント演習
管理士カリキュラム 座学 撮影計画実習、3次元計測の基礎知識、
SfM(Pix4D)解析実習、
3次元計測による出来高管理

「3次元計測カリキュラム」は、DSERO認定カリキュラムであり、国際航業が有する航空測量の技術ノウハウをもとに、さまざまな現場での3次元データ取得に適用できる実用的な講義内容となっています。ドローンで撮影した写真から3次元データを生成する技術を体系的に教習する日本初の取り組みとなります。

現場導入をサポート

スクールでは、ドローンによる3次元計測をこれから取り組もうとする受講者に対し、現場導入をスムーズに進められるよう様々なサポート体制を用意しています。

ドローン計測に関する様々な課題解決をサポートします

  • 「ドローンの操縦経験がありません

    スクールではドローン運航の
    基礎から学べます

  • 自社にドローンがありません

    教習用ドローンをスクールで
    用意します

  • 最適なドローン機材は?

    利用用途に応じた機材を
    紹介できます

  • 計測に関する知識がありません

    座学や実技の講習を通して
    分かりやすく解説します

JUIDA証明書が取得可能

「ドローン(UAV)運航・3次元計測スクール」は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の認定スクールです。修了者はJUIDAの操縦技能証明書および安全運航管理者証明書の取得が可能です。
(スクール修了後に修了者からJUIDAへの申請が必要)

※JUIDA証明書 :UAVを安全に飛行させるための知識と操縦技能を有することを証明します。UAVを用いた業務実施において信頼性を裏付ける根拠となります。

DSERO資格認定書が取得可能

「ドローン(UAV)運航・3次元計測スクール」は、一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)の認定カリキュラム実施校です。修了者はDSERO管理士資格認定書および技能士資格認定書の取得が可能です。
(スクール修了後に修了者からDSERO面接試験受験、面接合格後に申請が必要)

※DSERO認定書 :精度の高いドローン測量に関する技術を有することを証明します。ドローン測量成果を用いた業務実施において信頼性を裏付ける根拠になります。

操縦・管理士コースの概要およびカリキュラム

操縦・管理士コース概要

  • 受講料:

    270,000円(税抜、JUIDAへの申請にかかる費用、DSERO面接受験費用および申請にかかる費用は含まれません)

  • 対象者:

    ドローンの運航および3次元計測に関わる実務者。
    年齢20歳以上。資格や経験は不要。

  • 開催場所:

    〇東京校:フレンドシップハイツよしみ[埼玉県吉見町]
    〇関西校:国際航業(株)関西事業所[兵庫県尼崎市]
    (実技教習はドローン飛行が可能な場所へ移動して実施)
    〇九州校:グローバルアリーナ[福岡県宗像市]

  • 開催日程:

    各校とも原則として毎月1回開催
    (日程の詳細は予約サイト でご確認ください)

  • 所要日数:

    5日(九州校は宿泊形式の連続4日)

操縦・管理士カリキュラム

  • 1日目 操縦技能カリキュラム[座学]
    UAS概論、法律・ルール、自然科学、技術、運用
  • 2日目 安全運航管理者カリキュラム[座学]
    安全運行管理、リスクアセスメント演習
  • 3日目 操縦技能カリキュラム[実技]
    フライトシミュレーター、整備・点検演習、実技訓練(基礎)
  • 4日目 操縦技能カリキュラム[実技]
    実技訓練(応用)、操縦技能資格修了検定
  • 5日目 管理士カリキュラム[座学]
    撮影計画実習、3次元計測の基礎知識、SfM(Pix4D)解析実習、
    3次元計測による出来高管理
  • ※天候等の事情により、講習の順序を入れ替えることがあります。
    ※期間内にすべての教習が実施できなかった場合は、後日に改めて教習を行います。
    ※カリキュラムの内容については今後変更される可能性があります。

国際航業・DPCA共同運営スクール(九州校)

九州校は、一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)との 共同運営スクールです。

  • 「3次元計測」に加えて「空撮カメラワーク」のカリキュラムが選択受講可能
  • 宿泊型の短期集中コース(4日間。宿泊費・食費は受講料に含まれます)
  • フォローアップ講習(実技)が初回無料

スクール予約はこちら

技能士コース

技能士コースは、ドローンによる3次元計測の知識があり、すでに業務を実施されている方を対象とした、実践的なスクールです。
国際航業が有する航空測量の専門的な技術・ノウハウを投入しており、国土地理院の「UAV公共測量マニュアル(案)」で定められている一連の作業を、連続2日間のスクールで体験していただく内容となっています。


技能士コースの概要およびカリキュラム

技能士コース概要

  • 受講料:

    1社あたり300,000円(税抜)
    3次元空間解析クラウドサービス「KKC-3D」の6か月分の基本料金(30,000円相当)を含みます。

  • 対象者:

    操縦・管理士コース修了者または同等以上の技能を有する方を含むチーム(1社5名まで)。

  • 開催場所:

    〇東京校:フレンドシップハイツよしみ[埼玉県吉見町]

  • 開催日程:

    毎月1~2回開催
    (日程の詳細は予約サイト でご確認ください)

  • 所要日数:

    連続2日

※技能士コースは実作業に即した講義のため、お持ちのドローンを使っての受講をお願いしております。

技能士カリキュラム

  • 1日目 :座学、実技

    ・撮影計画
    ・標定点設置、観測
    ・撮影フライト
    ・解析カリキュラム(KKC-3D)

  • 2日目 :座学

    ・UAVを用いた写真測量
    ・作業計画カリキュラム「UAV公共マニュアル(案)の講義」
    ・解析結果の確認(KKC-3D成果確認)

  • ※天候等の事情により、実技講習が出来なかった場合は、後日に改めて講習を実施します。
    ※カリキュラムの内容については今後変更される可能性があります。

スクール予約はこちら


国際航業では、ドローンでの計測成果から3次元データを生成する「3次元空間解析クラウドサービス(KKC-3D)」をご提供しています。

本ページに掲載しています3次元データの一部は、大成建設株式会社様(気仙沼市防災集団移転促進事業)にフィールドを提供いただき作成しました。


事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会