トップページ事業紹介地理空間情報3次元空間解析クラウドサービス「KKC-3D」

事業紹介

3次元空間解析クラウドサービス「KKC-3D」 ~ 3次元データの作成を強力にサポート ~

インフラ管理や建設・土木工事の分野を中心に、3次元データの活用が本格化しています。
しかし、3次元データの解析作業には高度な専門知識が必要であり、処理を行う専門ソフトは高価であるなど、誰もが3次元データを作成できる環境はまだ整っていません。

国際航業は、これまで蓄積してきた先進的な測量技術やノウハウを一般化し、3次元データの作成をサポートする「3次元空間解析クラウドサービス」をご提供しています。

情報化施工・i-Constructionに対応

建設現場の生産性向上を目指し、すべてのプロセスにおいてICT技術を活用する情報化施工やi-Constructionの取り組みが国の主導によって進められ、関連する要領やマニュアルが整備されつつあります。

「3次元空間解析クラウドサービス」では、これらに準拠したデータの作成が可能です。

写真から簡単に3次元データを作成

「3次元空間解析クラウドサービス」では、専門的なアルゴリズムにより、複数の写真から3次元モデルデータを生成します。ドローン(無人航空機・UAV)で撮影した写真だけではなく、地上撮影のものも利用可能です。

写真から簡単に3次元データを作成

写真から簡単に3次元データを作成

  • システム画面イメージ

    データの送受信を行うクラウドシステムの画面は、背景に地図を表示するなどわかりやすくなっています。

    システム画面イメージ

  • 料金体系

    基本料金 1ライセンスあたり月額5,000円(税別)
    利用料金 プロジェクト毎に登録する画像枚数に応じて変動
    目安:Expert選択時、350~600枚の場合、1プロジェクト(処理1回)あたり150,000円(税別)
    (※詳細はお問合せください)
    サービスプランはプロジェクト(処理)毎にBasic、Advanced、Expertの3プランからお選びいただけます。
    オプションについては、下記の通りとなります。
    ・Basicプランでは付加できません。
    ・断面作成サービス、地形差分解析サービスの2つをご用意しています。
    ・すべてのプランにストレージ追加が可能です。
    サポートサービスをご用意しています。
    ・すべてのプランで、平日9:00~17:00の間、サポートサービスを行っております。

3次元データの作成イメージ

3次元データは、3Dメッシュ、デジタルオルソ画像、数値地表モデル(DSM)等でダウンロードでき、関連するマニュアル・要領で定める成果を作成できます。

<土木工事の建設現場での3次元データ作成例>※1

3Dメッシュデータ

デジタルオルソ画像 デジタルオルソ画像
デジタルオルソ画像 DSM

出来形管理図(法面)

※1:撮影データ・利用事例等の画像イメージは、大成建設株式会社様(気仙沼市防災集団移転促進事業)にフィールドを提供いただき作成しました。

◎サービスのご利用手続き

本サービスをご利用いただくには、最初に、国際航業が実施する「 ドローン(UAV)運航・3次元計測スクール 」でドローンによるデータ取得の基礎を習得していただきます。
スクールを修了された方に、個別に本サービスのご利用方法を案内いたしております。


事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

グリーンコミュニティ ニュースレター

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会