トップページ事業紹介G空間 x ICT上水道施設情報管理支援システム

事業紹介

G空間 x ICT

上水道施設情報管理支援システム

水道施設情報管理システム(せせらぎ)は、水道事業を取り巻く膨大な資料・データを適切に管理・活用し、水道施設管理業務を支援することで業務の効率化・高度化を図るためのパッケージソフトです。
当社システムは、多数の空間データを高速なレスポンスにて配信可能、操作に不慣れな職員においても戸惑う事なく利用が可能です。
また、閲覧・印刷だけではなく、多彩な機能提供が可能なことで、業務支援及び各種資料作成の効率化に寄与します。
さらに、専門的な機能を持つ個別(C/S)GIS型のシステムと、ローコストに多くの職員で利用可能なWebGIS型のシステムのどちらかを選択または併用して利用することが可能です。

サービスの特徴
  • 【情報検索・業務の迅速化・効率化】
    管路の属性や使用者に関する情報、配水管竣工図の検索、管路事故時の断水範囲の検索等、各種情報の検索が容易となります。
  • 【使い易いユーザインターフェイス】
    よく使うメニューをツールバーに登録したり、図形や属性内容が1つの画面で確認可能です。
  • 【豊富な地図データ検索機能】
    索引図検索、図面番号検索、施設番号検索、地番検索、目標物検索(ユーザでの目標物追加、更新)、住居表示番号検索(地理院の街区参照データ、住宅地図データ等の利用が可能)に対応しています。
  • 【図面管理の合理化】
    システム稼動後は施設位置、情報などが直接確認が可能です。竣工図などの電子納品が進めば更に紙図面削減が行えます。
  • 【業務の高度化】
    断水計画支援や管路敷設計画など業務支援機能による業務の高度化が図れます。また、漏水調査結果の蓄積と管種、付設年度の重ねあわせなど、従来の紙図面では非常に難しかった分析などもシステムで情報を高度に活用することで可能となります。
  • 【非常時対応の支援】
    地震時などの非常時には被害状況を逐次、本システムに登録することにより迅速な情報提供や応急給水箇所、給水方法の検討、応急復旧路線の検討などにも利用可能となります。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会