トップページ事業紹介G空間 x ICT都市計画支援システム

事業紹介

G空間 x ICT

都市計画支援システム

都市計画支援システム(UrbanMap)は、都市計画業務における法線指定、都市計画の立案、都市計画基礎調査への利用、解析評価・まちづくり資料作成などをサポートします。
また、GISを利用した調査・解析・計画のノウハウを集約し、面的な集計解析機能で各種の計画立案に応用可能であり、地方公共団体の都市計画に関連する様々な業務シーンをサポートするパッケージソフトです。

サービスの特徴
  • 5年に1度実施する都市計画基礎調査の情報は変化部分のみを更新するためコスト削減につながります。また、各都道府県の都市計画情報システムのデータ形式(Arcview shpファイル)で保存できるので、成果提出もスムーズです。
  • よく使うメニューをツールバーに登録したり、図形や属性内容が1つの画面で確認可能です。
  • 索引図検索、図面番号検索、施設番号検索、地番検索、目標物検索(ユーザでの目標物追加、更新)、住居表示番号検索(地理院の街区参照データ、住宅地図データ等の利用が可能)に対応しています。
  • 基礎調査成果の管理のほか、自由な設定編集機能により特定用途のみを着色するなど、多彩な主題図作成が可能です。また、建物現況データからの集計を行い、建物構造/密度による指標で危険地区を抽出するなど情報分析も可能です。
  • 解析機能を利用すれば、都市計画道路予定地内に立地する土地建物リストの作成及び構造・土地利用用途別の把握といった都市計画道路予定地の現況把握が行えます。
  • 複数のレイヤが持つ属性情報(法指定情報)を一括して検索することが可能です。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会