トップページ事業紹介G空間 x ICT公有財産管理支援システム

事業紹介

G空間 x ICT

公有財産管理支援システム

国際航業の公有財産管理システムは、地方自治法第238条第1項に規定される公有財産の管理を適性かつ効率的に維持管理するために、固定資産税業務の各種データや地番図・地形図・航空写真等の地図データを用いて、公有財産台帳の確認調査や作成・付属資料の整備・データベース作成を支援し、地方自治体における財産管理をトータルでサポートするものです。

サービスの特徴
  • 【リアルタイムな財産管理】
    スムーズな財産の取得・異動処理が可能であり、財産の適正管理が実現します。
  • 【デジタル資産の有効活用】
    財務会計システム等で処理されている情報や、固定資産税で管理されている地番図データ等の情報を取り込こむことで庁内のデジタル資産の有効活用が図られ、業務の効率化、高度化を促します。
  • 【使い易いユーザインターフェイス】
    よく使うメニューをツールバーに登録したり、図形や属性内容が1つの画面で確認可能です。
  • 【豊富な地図データ検索機能】
    索引図検索、図面番号検索、施設番号検索、地番検索、目標物検索(ユーザでの目標物追加、更新)、住居表示番号検索(地理院の街区参照データ、住宅地図データ等の利用が可能)に対応しています。
  • 【財産の増減に伴う適正な管理】
    異動処理を行った情報は、履歴情報とし保存でき、また地図情報と連携しているため該当個所を迅速に把握することが可能となり、財産の適正な管理が図れます。
  • 【市民へのアカウンタビリティ】
    財産情報は市民の財産として、市民へのアカウンタビリティ(説明責任)があるものと考えます。本システムでは煩雑な集計作業を自動化することで住民サービスの高度化をサポートしています。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会