トップページ事業紹介地理空間情報景観計画

事業紹介

地理空間情報

景観計画

昨今、社会情勢の変化に伴い、社会資本のあり方が変化しつつあるなか、道路整備においても良好な景観や環境を求められています。国際航業は、最新のデジタル技術を用いて社会のニーズに即した質の高い道路を提供します。

国際航業は、三次元データを用いた道路設計に加えて、道路構造が作り出す景観と道路を視点場とする景観を判りやすくイメージするため、CGシュミレーションやフォトモンタージュなどを提供します。

サービスの特徴
  • 景観を検討するため、航空写真のひとつである、高精細デジタル航空写真オルソや多方向斜め画像などの弊社ライブラリを活用し、景観、並びに道路計画案をわかりやすく説明するための資料としてCG画像やフォトモンタージュを作成します。
  • 航空機から地上に向けてレーザ光を放射状に照射し、地形を計測する技術(航空レーザー計測)を用いて取得したデータを加工・利用して、デジタル標高モデル(DEM)や3D都市モデルを作成します。作成したDEMを用いて、三次元による道路設計を行います。
  • 景観予測などを行うため、VRを作成します。VRは、Virtual Reality の略で、三次元化された現況地形や道路計画案などディスプレイに表示し、マウスやゲームコントローラーなどを用いてさまざまな方向から自由に視点を変更できます。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

グリーンコミュニティ ニュースレター

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会