トップページ事業紹介G空間 x ICT行政業務総合支援システム Genavisシリーズ地域情報プラットフォームオプション

事業紹介

地域情報プラットフォームオプション

Genavisシリーズ

地域情報プラットフォーム対応GISの構築・導入支援

総務省が推進する『地域情報プラットフォーム』は、行政のさまざまな情報システムを連携させるために定められた標準仕様です。『地域情報プラットフォーム』に基づいたシステム構築・システム連携を行うことで、業務の効率化・住民サービスの向上・コストの低減を図ることができます。
地域情報プラットフォームの『GIS共通サービス標準仕様』を活用し、住所情報をキーとしたシステム連携を実現することで、基幹系システムで持つ様々な行政情報を、地図上で『見える化』することができます。

サービスの特徴
  • 庁内で共通に利用できる地名辞典(住所辞書)を構築することで、基幹系情報システムやExcelなどで管理される台帳内にもつ地名情報(住所情報)から、その位置を容易に特定することが可能です。
  • 住居表示台帳や地番図作成のノウハウや、PAREAデータベースなどの自社コンテンツを活用した、地名辞典(住所辞書)の構築・運用を総合的にサポートします。
  • 地域情報プラットフォームに完全準拠した行政業務総合支援システム Genavisシリーズにより、自治体における共用空間データの利活用促進を支援するとともに、環境の変化への迅速な対応と、行政情報の可視化による住民サービスの向上を支援します。


行政業務総合支援システム Genavis(ジェナビス)シリーズ 地域情報プラットフォームオプション

地域情報プラットフォーム対応の統合型GISが実現する行政情報の『見える化』

Genavis

行政業務総合支援システム Genavisシリーズ 地域情報プラットフォームオプションは、地域情報プラットフォーム準拠登録、相互接続確認済みのGIS製品です。
自治体における共用空間データの利活用促進を支援するとともに、 環境の変化への迅速な対応と、行政情報の可視化による 住民サービスの向上を支援します。
地域情報プラットフォームを導入する事で、住民サービスの向上、システム構築・運用コストの低減、行政情報の『見える化』による業務効率の向上が可能になります。
サービスの特徴
  • 【地域情報プラットフォームで実現するシステム連携】
    総務省が推進する『地域情報プラットフォーム』は、行政のさまざまな情報システムを連携させるために定められた標準仕様です。 『地域情報プラットフォーム』に基づいたシステム構築・システム連携を行うことで、業務の効率化・住民サービスの向上・コストの低減を図ることができます。
  • 【GIS共通サービスによる行政情報の『見える化』】
    地域情報プラットフォームの『GIS共通サービス標準仕様』を活用し、住所情報をキーとしたシステム連携を実現することで、基幹系システムで持つ様々な行政情報を位置情報として扱い、地図上での『見える化』が可能になります。
  • 【クラウドコンピューティング時代におけるスマートGovernmentの実現を支援】
    地域情報プラットフォームに完全準拠した統合型GISにより、自治体における共用空間データの利活用促進を支援するとともに、環境の変化への迅速な対応と、行政情報の可視化による住民サービスの向上を支援します。

※地域情報プラットフォームの詳細や標準仕様の内容は、(財)全国地域情報化推進協会のWebサイト(http://www.applic.or.jp/)で確認できます。

Genavisシリーズ 地域情報プラットフォームオプション の特徴

行政業務総合支援システム Genavisシリーズ は、個別業務支援GISから庁内情報共有GIS、市民コミュニケーションGISまでトータルにサポートする総合型GISソリューションです。地域情報プラットフォームオプションは、地域情報プラットフォームGIS共通サービス標準仕様の最新バージョン(V2.3)に完全対応した、Genavisシリーズ のオプション製品です。

地名辞典(住所辞書)による位置解決 情報の位置解決が可能にする迅速な政策判断

地名辞典(住所辞書)を活用した位置解決
庁内で共通に利用できる地名辞典(住所辞書)を準備することで、基幹系情報システムやExcelなどで管理される台帳内にもつ地名情報(住所情報)から、その位置を容易に特定することが可能です。
※地名辞典・・・住所、建物の名前、郵便番号などの場所を識別するためのキーと経緯度情報などの地球上の位置を表す座標とを関連づけたデータの集まり。
情報を地図上に迅速に『見える化』
地名辞典(住所辞書)を活用することで、住民情報や台帳情報などをリアルタイムに地図上で『見える化』できます。既存のWebシステム(ポータルサイトや業務システム)にも簡単に地図機能の組み込みが可能です。

防災情報共有ポータルサイトでの利活用イメージ

製品の構成と特徴

Genavisシリーズ 地域情報プラットフォームオプションは、地域情報プラットフォーム標準仕様のGIS共通サービス標準仕様の最新バージョン(V2.3)で定められる全機能に対応しています。

地名辞典サービス
  • 住所情報を地名辞典として構築することで、基幹系システムをはじめとする行政情報システムで扱われる情報を地理空間情報として取り扱うことが可能になります。
  • 住所表記の「ゆらぎ」に対応し、異なる住所データの記述形式を統一表記に変換(正規化)します。
  • 当社の業務実績を生かした効率的な地名辞典の整備・更新・運用の支援をいたします。
地図表示サービス
  • 統合型GISで整備された共用空間データやその他の地理空間情報を有効に活用し、自治体の行政情報システムに対し地域情報プラットフォームに準拠した方式で地図情報を提供します。
  • 主題図機能への対応により、従来のようにGIS側にデータを取り込まなくても、基幹系システムの住民情報等を活用した色分け図などとして、可視化ができます。
GISデータベース
  • 統合型GISで整備された共用空間データやその他の地理空間情報を管理し、自治体の行政情報システムに対し地域情報プラットフォームに準拠した方式で地図情報を提供します。
  • Genavisシリーズ を併用することでGISの高度な機能を利用することができるとともに、Genavisシリーズで編集したデータを地図表示サービスを通して、地域情報プラットフォームに対応した情報システムにリアルタイムで提供することが可能です。
  • 標準規格のJPGISに準拠した地理空間データの入出力に対応し、行政の資産である地理空間情報の有効活用が可能です。
組込地図フレームワーク
  • GIS共通サービスを活用したアプリケーションを構築するためのフレームワークを提供します。JavaScriptベースのAPIで提供されますので、業務システム側に、より簡単に地域情報プラットフォーム対応の地図機能が構築可能です。
  • 配信用地図画像のキャッシュ機構を持ち、快適な地図表示環境を提供します。
  • 地図画面の拡大・縮小や移動などの基本的な地図操作機能や、地名辞典を活用した住所検索、地図のレイヤ切替えなどの画面を標準で提供します。

システム構成と主な仕様

システム構成概念図

動作環境

分類 主な仕様
Genavisシリーズ
基本モジュール
統合型GISの共用空間データ等を全庁で運用するための汎用WebGISアプリケーション。詳細は、Genavisシリーズの商品情報を参照。
地域情報プラットフォームオプション(GISユニット)
  地名辞典
サービス(1)
GIS共通サービス標準仕様V2.3全機能のSOAPインタフェースに対応
・地名辞典基本機能(地理識別子検索、場所インスタンス取得・登録・更新・削除、サービスメタデータ取得)
・場所インスタンス関連機能(地理識別子変換、場所インスタンス関連検索・登録・削除)
地図表示
サービス(2)
GIS共通サービス標準仕様V2.3全機能のSOAPインタフェースに対応
・地図表示基本機能(地図画像取得、地図画像URL取得、凡例画像取得、地物情報取得、サービスメタデータ取得)
・主題図機能(主題図画像取得・画像URL取得)
GIS
データベース(3)
データ入出力機能として以下のフォーマットに対応
・JPGIS1.0 附属書8
・JPGIS2.0 附属書12(GML)
・JPGIS1.0 地名辞典
・ESRI Shapeファイル
組込地図
フレームワーク(4)
GIS共通サービスを利用したGIS機能をWebシステムに組み込むためのJavaScriptAPIを提供。以下のWebブラウザに対応
・Internet Explorer 6.0以上
・FireFox 2.0以上



事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会