トップページ事業紹介G空間 x ICT固定資産業務支援システム

事業紹介

G空間 x ICT

固定資産業務支援システム

固定資産窓口業務支援システムは、客体把握及び土地評価の業務において作成された固定資産に関する各種地図データを、パソコンを利用して体系的に管理・運用し、固定資産税業務における日常業務の支援を図ります。また、日常業務の軽減・効率化とともに電子自治体における住民サービスの高度化を幅広くサポート致します。
当社システムを導入いただくことにより、次のような効果を実感いただけます。
業務の効率化及び問い合わせに対する迅速な対応
情報を一元管理することで、膨大な資料からの情報の検索を効率化し、また、住民に対する煩雑な照会業務を効率化・迅速化します。
資料の陳腐化、資料の散逸の防止
デ-タ化されたデジタルデータは半永久的に保存できます。また、体系的なデータの一元管理により、情報を迅速に捜すことができ業務の簡素化に繋がり散逸の防止を図れます。
統合型GISの基盤図としての位置付け
構築された地番・家屋・オルソフォト等のデータベースを「道路管理業務」「上下水道業務」「農地管理業務」等の基図データベースとして提供でき、他部署とのデータベースの共有化が可能です。

サービスの特徴
  • 【使い易いユーザインターフェイス】
    よく使うメニューをツールバーに登録したり、図形や属性内容が1つの画面で確認可能です。
  • 【豊富な地図データ検索機能】
    索引図検索、図面番号検索、施設番号検索、地番検索、目標物検索(ユーザでの目標物追加、更新)、住居表示番号検索(地理院の街区参照データ、住宅地図データ等の利用が可能)に対応しています。
  • 【自由に主題図を作成】
    使用目的に応じて必要なレイヤー及び属性項目を選択して、主題図を作成します。例えば、大字界・大字名、筆界・地番、家屋・家屋番号を集めて地番家屋図等の主題図を作成することができます。
  • 【ファイリング・レイヤ設定機能】
    スキャニングした登記済通知書等を地番図・家屋図とリンクして表示させます。また、地図表示レイヤの選択及びレイヤの属性は線種、線幅、色、パターン等、任意に設定可能です。
  • 【異動物件管理機能】
    日常業務である土地・家屋の異動更新処理をおこないます。なお、異動事由は、自治体毎に設定が可能です。
  • 【距離・面積,画地計測・画地計算機能】
    地図上の距離、面積、角度の計測をおこなうことが可能です。また、画地計測をおこなうことにより計測結果から画地計算をおこなうことが可能です。

事業紹介

日本アジアグループ 東証一部に上場致しました。証券コード:3751

気候変動対策ブログ・環境通信

地理空間情報ミュージアム MoGIST

一般社団法人 仙台グリーン・コミュニティ 推進協議会